自律神経にまつわる症状を出来るだけ細かく書く [低血圧・体が重い]

dys5_00

自律神経にまつわる症状って、「倦怠感」とか「しびれ」とか一言で言われても、どこがどうなった状態なのかよくわからなくないですか?

身をもって体験した筆者が出来るだけ詳しく症状を説明したいと思います。

今回は「低血圧」と「体が重い」について。

低血圧はこんな感じ

世間一般的に、高血圧よりは命にかかわる危険がないのでほったらかされる低血圧。

そもそも判断が微妙なんですよね。高血圧と違って基準がないので。

正常範囲を下回ったら低血圧」が通説で、収縮期(上)が120mmHg、拡張期(下)が80mmHgを下回った場合、というのが一番良く知られた基準じゃないでしょうか。

低血圧の一例

私、斉藤ヨウの普段の血圧を例としてお見せしましょう。

大体毎日これのどれかです。

  • 上が90台、下が50台
  • 上が80台、下が40台
  • 上が90台、下が30台

とりあえずこれを書いてる今、血圧を測ってみたら上が98、下が57でした。

今は座ってる状態で測ったんですが、立ち上がると上が70台、下が30台ぐらいになったりしますので、起立性低血圧(Wikipedia)に近い状態になってることもあると思います。

血圧が低いからこその弊害

スタートの血圧が低いからか、立った瞬間立ち眩みすごいんですよ。

例えば、家の中で「トイレ行こ」と思って立ち上がって、15歩ぐらい歩いたらトイレにたどり着くんですが、その間は必死にバランスとりながら、長年の勘を信じてトイレに向かって歩きます

なぜ勘で歩いてるかと言うと、立ち眩みの間は目の前がチカチカしちゃってロクに見えてないからです。

ギリまでトイレ我慢してないで、早めに行動開始してゆっくり段階的に立ち上がるのが正解だと思います。

諸悪の根源の可能性

自律神経失調症を患って以来、「卵が先か鶏が先か」みたいなことをずっとやってます。

低血圧が原因で出る症状を調べてみると、立ち眩みはもちろん、耳鳴り胸部不快感過呼吸、食欲不振などなど、低血圧が原因で自律神経系の症状を引き起こしてるっぽいんですよね。

でも、自律神経関連を調べると、自律神経がうまく働かないせいで血圧を上げられず、立ち眩みが発生する、みたいなことが書いてあったりするんですよね。

もはや自律神経のせいで低血圧なのか、低血圧のせいで自律神経系の症状が出てるのかわかりません

「体が重い」はこんな感じ

簡単に言うと、ドラゴンボールの界王星(重力が地球の10倍)で暮らしてる感じです。

我が身が重くて背中が丸くなるぐらい。特に手足が重い。

横になってても、おふとんに体がめり込んでいくんじゃなかろうかと思うぐらい重力を感じます。

特徴的な発生条件

  • 体が重くなる時は必ず朝起きた時点で重い
  • 1日の途中から体が重くなることはない
  • 1日の途中で体が軽くなることもない
  • 体が重い日はもうその日1日重い、と割り切るしかない
  • 梅雨時になりやすい

まとめ

いかがでしょうか。

何が残念って、今回解説した2つの症状は対処療法すらよくわからないんですよね。

現時点で割り切るしかない症状ですが何かの参考になれば…

自律神経にまつわる他の症状はこちら

自律神経ってなんなんでしょうね? 謎の体調不良であれこれ調べた結果、自律神経の可能性にたどり着いた、という方も多いんじゃないでしょうか。 でも、自律神経関連の症状って多岐に渡りすぎてわけわからないですよね。最終的...