自律神経にまつわる症状を出来るだけ細かく書く [喉に何か引っかかった感じ・活舌が悪くなる]

dys7_00

自律神経にまつわる症状って、「倦怠感」とか「しびれ」とか一言で言われても、どこがどうなった状態なのかよくわからなくないですか?

身をもって体験した筆者が出来るだけ詳しく症状を説明したいと思います。

今回は「喉に何か引っかかった感じ」と「活舌が悪くなる」について。

「喉に何か引っかかった感じ」ってどういうこと?

薬などの小さい固形のものが喉に詰まったことありませんか?アレに近い感覚です。

どんだけ飲み込み直してもずっと喉に「それ」がいるんですよ。

何と言うか、男性で言うと、通常は喉の外側に出っ張ってる喉仏が内側に押し込まれてきちゃった感じ(体感的に)。

うーん、わかりづらいなぁ…

dys7_01

絵で説明するとこんな感じです。

固形ではないんだけど、モヤ~っとしたかなり小さいいびつな団子ぐらいのやつが喉に張り付いてる感じ。

この症状による不利益

これが自律神経による症状って気付くまでは、無意識に飲み込もうと頑張っちゃうんですよ。

気が付いたら水分や空気を飲み込み過ぎてて、げっぷが多くなったり胃がおかしくなったりしてきます。

逆を言うと、早めに自律神経から来てる症状だな、って気づけば、治まるのも早いはず。

「活舌が悪くなる」とは

活舌の悪さを自律神経のせいにすんな!とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、活舌悪い人っていうのは、いつ何時たりとも活舌悪いでしょ?(喧嘩売ってるんじゃなくて事実の確認ね)

そうじゃなくて、自律神経のせいである可能性がちらつくタイプのやつは、一時的に活舌が悪くなるんですよ。

具体的に言うと、緊張する場面ほど活舌が悪くなりやすい

筆者の場合は、電話中や、目上の人と話す時にものすごい噛みまくる。急に口の動きが悪くなるんです。なんか顔の筋肉がギシギシする感じ。

それが、気心知れた人と話す分には全っ然噛まない。オタク気質なのでかなり早口なタイプだけど滅多に噛まない。

なんで自律神経の影響だと考えられるのか?

一説によると、緊張することで交感神経が影響を受け、筋肉をこわばらせてしまうらしいんですよ。

緊張すると噛むのはわかってるから、そういう時ほどすごくゆっくり話すように心がけるんですが、結局ゆっくり噛みます。

逆に、散々噛み倒してた相手でも、打ち解けてよく話すようになれば噛まないんです。でも、いくら気心知れても、体が電話=緊張と判断するので、その人と電話で話す時はどれだけリラックスしてるつもりでもやっぱり噛み倒す。

自律神経関連の症状ってそんなもんですよね(諦)

まとめ

いろいろ調べてはみたんですが、どちらも対処法は「リラックス」しか見つからないんですよね。

個人的には、どんだけ自分がリラックスしてると思ってても、自分でコントロール出来ない自律神経がしっかり自律してくれてないからこういう症状が出るのでは?と思うんですけども。

今回ご紹介したような症状ぐらいでは別に生活に支障が出るほどじゃないので、病院にも行かないだろうし、行っても「ストレス溜めないで下さい」で終わるやつだと思います。

でも、自律神経が弱い人ってこういうめんどくさい症状でストレス溜まりませんか?

ほんと卵が先か鶏が先かって話ですよね。

なんかグチっぽくなってしまいましたが今回は以上です。

自律神経にまつわる他の症状はこちら

自律神経ってなんなんでしょうね? 謎の体調不良であれこれ調べた結果、自律神経の可能性にたどり着いた、という方も多いんじゃないでしょうか。 でも、自律神経関連の症状って多岐に渡りすぎてわけわからないですよね。最終的...