田舎こそさっさと現金払いを廃止してクレカ・電子マネーに移行した方がいい3つの理由

cashless01

みなさん現金派ですか?クレジットカード派ですか?電子マネー派ですか?

田舎に住んでると、つくづく「現金払いなんかやめてしまえ!」と思います。

そこで、今回は「田舎だからこそ現金払いを廃止するメリット」についてのお話。

お年寄りが多い

正直言って、これに尽きると言っても過言ではないです。

お会計の時の様子見てると「クレカや電子マネーにした方が絶対楽になる」という方が結構いらっしゃいます。

小銭を出すのが大変そう

レジの人って大体チャキチャキしてるので、客側もモタクサしちゃ悪いなぁって思いますよね。

だからご年配の人はとにかくお札を出すんですよ。で、店員さんが袋詰めしてくれる場合などの時間がある場合に小銭を探すんです。

なぜそんな段取りかと言えば、

  • 小銭がよく見えない
  • 小銭をさくさく取り出せない
  • 何円出したか数えるのが大変

の三重苦だからです。

さらに、店によってはポイントカードも探さなきゃいけないし、カードもお財布からなかなか取り出せないので、小銭の優先順位はどんどん下がっていくわけです。

だからお年寄りの方は小銭パンパンに持ってる人多いですよ。

人が少ないので従業員も少ない

田舎は人口が少ないので、レジの従業員もなかなか増やせないんですよ。

だから混雑した時はどれだけ1人のお客さんのお会計を早く済ませるかが勝負

銀行のATMみたいに、レジにお金入れたら自動で数えておつりを出してくれるタイプのやつならまだいいけど、昔ながらの人力でお金を数えるタイプのレジは効率悪くてしょうがない

人力である以上ミスもあるでしょう。そのリスクが減らせて効率も上げられるのに、未だにATMタイプのレジを使っていないところは「設備投資をケチってるんだな」と判断されても文句言えないですよ。

今やれば地域アピール出来る

日本は全体的にキャッシュレス化があんまり進んでないので、地方の一角でキャッシュレス推進が実現したら、地方分散のアピール材料になりませんかね?

キャッシュレス特区」みたいな感じで「ATMタイプのレジ助成金」とか、主要スーパーマーケットなどで「電子マネー使い方相談窓口」とか「電子マネー・クレカ専用セルフレジ」とか一斉にキャンペーン張ってどんどん移行してもらうわけですよ。

クレカ嫌いの現金派は一旦置いといて、電子マネーを嫌う現金派は、電子マネーのシステムを理解するのがもうめんどくさい。特にお年寄り程そんな感覚っぽいです。

「電子マネーとかチャージとかよーわからんけーはぁええわ。」が大多数でしょうね。

それが、仕事でレジやってる時に軽く説明するだけでも「それなら小銭出さんでええね」って言ってくれる人多いのよ。よくわからんから使ってないだけ。マジで。

これで経済効果出たりするかどうかはわからんけど出たらすごくない?

ただし、現金廃止するなら統一規格を

既にみんなポイントカードとか山ほど持ってるでしょ?

これで電子マネーのカードもたくさんあったら、「カードが見つからんけー現金で払うわ」ってなって台無しです。

我が山口県では現在、WAON(イオン系) vs マルカ(丸久系) vs ゆめか(イズミ系)が三つ巴の戦いを繰り広げております。

この中で全国規模ってWAONぐらいでしょ?

たぶん首都圏とかならSuicaとか他にも選択肢があるんだろうけど、山口の片田舎は全力の車社会+改札が未だに対応してない駅多数なので、Suica一本にすると不便極まりない。

あと全国規模と言えばセブン系のnanacoですかね?

山口にはセブンイレブンこそあるものの、肝心のセブン系スーパーが無いんですよ。ヨーカドーとかヨークベニマルとか。もちろんLOFTも無い。

まぁそういうことですよ。鉄板の「田舎はイオン独壇場」該当エリアです。

現在の状況を考えたら、丸久系とイズミ系でもWAONが使えるのがベストでしょうね。

まとめ

「クレジットカード」と言うとアレルギー的に嫌う人がいるのは理解出来るので、そういう人は電子マネーにしてもらってササっと会計、店側の負担も軽減、と効率上げていきましょうよ田舎こそ。それでセルフレジが増やせれば尚よろしい。

人口が減少傾向にある地域こそ手間がかかってる部分を洗い出し、率先して助成なりなんなりしてほしいですね。

個人的にはクレカ払いの方が好きなのでクレカ使ってますけどね。