移住と仕事とハローワーク 1 (ハローワーク柳井の基本情報)

hello work

地方に移住するのはいいとして、転勤じゃない場合、仕事はどうしようかなって話ですよね。

先日、雇用保険やらなんやらの手続きで久々にハローワークに行ったので、申請の流れや求職方法などを体験談としてまとめておきます。

ちょっと長くなるので複数記事でご紹介しますね。

シリーズ記事は以下から

移住と仕事とハローワーク 2 (ハローワーク柳井に行ってみた)

移住と仕事とハローワーク 3 (雇用保険説明会の様子)

【2018年版】失業手当 vs 再就職手当 結局どっちが得なのか?

山口県内のハロワは9か所

山口県には下関、宇部、萩、山口市、防府、周南、下松、柳井、岩国の各市にハローワークがあります。

公共職業安定所(職安)などとも呼ばれていますが本記事では「ハローワーク」、略称「ハロワ」で統一します。

今回ご紹介するのはハローワーク柳井の様子です。たぶん県内一、存在感のないハロワだと思うので地方のハロワはどんなもんなのか感覚をつかんで頂ければと思います。

ハローワーク柳井の公式サイトに相当するページはたぶんこのサイトの一番下の部分です。驚くほど情報が少ないですね。

ハローワーク柳井とは

まずはどうでもいい情報を。

厚生労働省山口労働局が言うには「ハローワーク柳井」なんですが、当の柳井のハロワは頑なに「ハローワークやない」を自称しています。

柳井あるあるとでも言いましょうか、なんか役場関係は「やない」と平仮名で書きたがる傾向があります。字面がごっちゃりしてるからですかね。しらんけど。

ハローワーク柳井の基本情報

利用可能時間

毎週月曜 – 金曜 / 8:30 – 17:15

土日祝日、年末年始はお休み

窓口

1階 仕事の相談窓口
2階 雇用保険の相談窓口

建物的には昔の役所みたいな感じの2階建ての建物です。ドアとか一回り小さい感じの。

注意事項

駐車場が割と狭いです。軽自動車なら余裕ですが、3ナンバーとかだと「狭!」って思うと思います。

あと、駐車場の入り口が坂なんですが、結構な角度なので車高低い方は要注意です。

ハローワーク柳井の見取り図

hwmap1

1階部分しか見取り図がありませんでしたが、2階は本当に雇用保険の窓口と会議室ぐらいしかないので省かれたんだと思います。

画像の黄色の部分が一般人が歩けるところです。

中に入るとまず左に受付がいるので、用件を伝えると次に行くところを案内してくれます。

※画像の左下に「求人情報紙」とありますが、これは外にポストのようなものが設置されていて、毎週曜日に発行される求人紙を自由に持って帰ることが出来ます。

玄関の外にあるのでハロワがお休みの日でも取れます

ハローワークカードの作成

hello work card

クリックして拡大

昔なかったと思うんですが、ハローワーク柳井に初めて行ったときに「ハローワークカード」なるものを作りました。

上記のフォーマットに各自氏名などが記載されたものをもらえます。一人ずつ求職番号が割り振られてバーコードで管理するようになったみたいです。

紙質的にはマイナンバーが始まった時にもらった通知カードみたいな感じです。ほんとただの紙。四角で囲まれてる「ハローワークカード」の部分は、カードサイズに切り取って使えるようにミシン目が入っています。

今後、ハロワに行く際は受付でこのカードを提出するように、とのことです。

まとめ

今回は本当に基本的な情報のみですが、次は雇用保険申請の流れなどを書く予定です。

山口県あるあるというか地方あるあるかもしれませんが、公式があんまりネットに情報を上げないので、とりあえず行ってみないとわからないことが多いんですよね。

事前にわかってれば出来る準備もあるので、移住される方や柳井近郊にお住まいで、お仕事探してる方の役に立てばと思います。

次の記事はこちら

地方に移住するのはいいとして、転勤じゃない場合、仕事はどうしようかなって話ですよね。(2回目)