首都圏で生まれ育った筆者が山口に移住を決めた3つの理由

opportunity01

2013年に千葉県から山口県に移住してまいりました。斉藤ヨウです。

今回は移住を検討してる方、なんとなく「地方の田舎にでも引っ込んでのんびり暮らしたいなぁ」と思ってる方へ、移住するまでに至った経緯を改めて経験談としてまとめます。

移住を決めたきっかけ

生まれ育った千葉県千葉市というところは、商業施設やイベント会場、オフィス街、学校などが密集した地域で、無いものと言えば山、空港(成田市まで行けばある)、新幹線ぐらいのもんです。

特に不自由なかったんですよ。東京湾に面しているので海も近かったし。

それが、20代後半ぐらいから「千葉県から出た方がいろいろ楽になるかもしれない」と思い始めたんです。

大きく3つの項目に分けてお話します。

1. 自律神経失調症の発症

16歳の時に自律神経失調症と診断されました。

割と重症な方だったので、高校2年ぐらいから学校に通えなくなってしまい、高校3年で通信制の学校に転校してなんとか高卒、でも進学も就職も出来る状況じゃなかったので、まずは仕事が出来る程度まで回復することが最優先の生活に。

それから22歳ぐらいまでは、毎日体調を良くしていくのに精いっぱいで、自分の人生を考える余裕がなかったんですよ。

で、ようやく週5でバイトが出来るようになった頃、今後どうするのかを考えるようになって気付いたのが「家庭環境」。

そりの合わない家族と生活する環境で我慢し続けるのが相当なストレスだったようです。

主治医にも指摘されたことはあったけど、当時は言ってる意味がよくわからなかった。我慢してるとかそういう自覚は無かったですよ。だって生まれ育った家庭なんだもの。

特に親との関係も悪くなかったと思ってたけど、それは自分の体に影響が出るぐらいの我慢の上に成り立ってるものだと気付いたんです。

それで、「あ、実家出よ」と思いました。

普通はこんなアレコレしなくても「あー早く実家出たいなー」って自動的に思うお年頃がやって来るんでしょうね。

2. 東日本大震災の発生

千葉市ですら震度5強でした。

プロ野球「千葉ロッテマリーンズ」の本拠地「マリンスタジアム」やイベント会場の「幕張メッセ」、「千葉ポートタワー」とか海沿いの地域に当時勤めていた会社があったんですが、その辺一帯は全部埋め立て地なんですよ。

液状化すごかったです。マジで沈むかと思った。

というか、避難訓練の度に「この埋め立て地の地域は大地震が来たら沈む」と言われて育ってきたので、ついにその時が来たって本当に思いました。

千葉沖のプレートは今後大きく動く可能性がまだ残っているらしい

さて、東日本大震災では太平洋側のプレートに蓄積されていたエネルギーが解放されて、ほとんどの断層が動いたらしいんですが、千葉沖の一部の断層は動かなかったようです。

その後の2018年6月、千葉沖でスロースリップを観測したとかニュースにもなりましたね。

そして東日本大震災以降の余震発生状況、みなさんまだ覚えてますか?しばらくはほぼ毎日震度3ぐらいは発生してましたよね。「地震酔い」を経験した人もたくさんいたと思います。

コレ、自律神経失調症を患った豆腐メンタルには十分すぎるストレス要因です。

マジで「震えて眠れ」を地で行ってましたよ。「次は沈むかも」「次はビルが折れるかも」「次は津波がくるかも」。不安だらけでした。

だってさ、埋め立て地で地盤ゆるゆるのところに建ってる高層ビルって、震度5とか6とか何回耐えられるの?

建物崩れた挙句、液状化で地盤沈下+津波発生とかなったら、もうどう頑張っても逃げきれる気がしないと思っちゃったのよ。

最悪の状況を考えるクセの結果です。実際あり得る話かどうかはわかりません。

3. パートナーが山口県出身

話は逸れますが、事実婚状態(籍入れる予定もない)の相手の男性ってなんて呼ぶのが正解ですかね?

「パートナー」としか言いようがなくない?外来語じゃなくてちゃんと昔からある日本語で「旦那」や「主人」に相当する「パートナー」の呼び方ってありますかね?

まぁとりあえず「パートナー」で話を進めますが、そのパートナーが山口県出身で、これまでいろいろ山口県の話を聞いてきたわけです。

ふと気づいた。災害の度に「山口にいた頃はこんなことなかった」ってよく言う。

さらに「地震自体、千葉に来るまでほとんど経験したことなかった」そうです。

山口で地震を経験したことはほとんどなかっただと?じゃあ調べてみようじゃないの

気象庁の震度データベースを検索できます

実際に気象庁の震度データベースで見てみました。

彼が育った山口県東部(和木町、岩国市、柳井市、周防大島町、上関町、平生町、田布施町、光市、下松市、周南市)を検索した結果、統計開始から今まで震度3以上の地震が発生したのは42回

そのうち、彼が山口にいた約20年間を見てみると、震度3が5回、震度4が1回だけでした。(彼が山口を離れてから芸予地震で1回だけ震度5が発生)

同じ条件で千葉市を検索したら表示可能な上限を超えたので、生まれてから震災前の2010年末で検索したら、震度3以上は91回でした。それと別に3.11の一連ですよ。

それ考えたら確かに山口県は地震少ないね。

その代わり、豪雨はよくある

水害は結構あるけど、東部はあんまり大きな被害になったことがないらしいです。

ちゃんとした資料が見つからなかったので、とりあえず山口県 過去の主な災害の状況pdf を貼っておきます。

すんごい見づらいけど山口県の災害の大半は雨関連ということはわかると思います。

まぁでも実際、洪水とか県内で年に1回あるかどうかぐらいですよ。山口に移住して5年、今住んでいる地域で1回も洪水になったことがないから、体感的には千葉に住んでた時と大差ないですね。

追記:こういう記事を書いたそばから災害が起きるっていう…

確かに今回も近所では洪水にすらならなかったんだけどさ…東部全体でみたら結構な被害で…

この度、平成30年7月豪雨の被災地にカウントされた山口県からお送りする、山口移住ブログ「オフトナイズ」でございます。 今回の集中豪雨で受けた被害と、現在の生活環境のご報告をしたいと思います。 ※記事トップの画像は...

まとめ

住みよい地域というのは人それぞれなので、「地方に移住しないやつはバカ」と言わんばかりに「まだ首都圏で消耗してんの?」とか煽るようなことを言うのは個人的に好きではありません。

ただ、地方に移住したいけど悩んでる方に「選択肢はある」ということをお伝えしたいです。

地方に移住するということは、必ずしも1次産業に就く必要はありません。首都圏の生活と同じように、会社帰りにスーパーで買い物して自宅に帰ってPCやスマホ見る生活なんですよ。

「地方」とひとくくりにされますが、栄え具合はピンキリです。山口県内でもピンキリです。

会社がたくさんあって、あっさり会社勤め出来るようになる地域もあれば、普段の買い物すら難儀な限界集落もあります。

移住を検討なさってるなら、まずは情報を探して下さい。山口県の実情や体感などの情報ならわかる範囲で出しますから、twitterなり問い合わせなりメッセージ下さい。

その後の決断がご自分の人生にプラスになれば願ったりかなったりですね!

おしまい

※オフトナイズ式「逃げの移住」完全ガイドも掲載しています!↓

cmpguide01