移住者から見た山口県民の特徴

people in ymgch as the featured image

たぶん全国的にそうだと思うんですが日常生活で山口の情報ってほとんど聞かないですよね。

さて山口県民はどんな人たちなのか?5年ほど山口で生活して気づいた山口県民の生態をレポートしたいと思います。

無自覚の歌好きが多い

これ山口に来て一番最初に気になったことでしたね。

山口県民の方は「えっ?そうかな?」って思ったかもしれませんが、大丈夫です。

他県民から見ればあなたも立派な歌好きです。

山口県民なら必ず歌える歌

ズバリ、「豆四郎さん通りゃんせ」です。え?知らない?

ですよね。これは山口県に本社を置く老舗ういろうメーカー「豆四郎」のCMソングです。

TVやラジオで頻繁にやってるわけでもないのになぜか世代関係なくみんな歌えます。

この曲、どれくらい山口県民に浸透してるかと言うと、地元のJリーグチーム「レノファ山口」のチャントに採用されたほどです。

採用された理由は「サッカーをよく知らなくてもレノファのホームである山口の人が一緒に歌えるように」という豆四郎に対する絶大なる信頼。(諸説あります)

ちなみに豆四郎公式サイトでは音源と楽譜がダウンロードできます。

さらにさらに、山口県民にもあまり知られていませんが、この曲の作詞は荒木とよひささんです。(無駄に豪華)

山口県民の企画はたぶん歌を作ることからスタートしてる

どういうことかと言いますと、例えば新しくお店がオープンする、ゆるキャラ作った、みたいな時は大体テーマソングも一緒に出来上がってます。

とにかくオリジナルソングが多いんです。もちろんローカルCMも当たり前のようにオリジナルソングが流れます。

山口県民は人に歌わせたい

テーマソングを作るということは、要するに宣伝したいわけですから覚えてもらえなきゃ困るんですよね。

山口県民、なんか得意なんですよキャッチーな曲作るの。

九州、四国地方の人なら伝わると思うんですが基本的に「ドラモリ 」レベルです。全国区で言うと「ドンキ」レベルのキャッチーさ。

画面の下に歌詞が出るローカルCMも多いです。歌わせる気満々ですね。

さて、山口に移住して早5年。賭けてもいい。

現在、山口県民の大多数が「山口合同ガス」を歌えるはず。

どうですか!これを読んでた山口県民の方、ニヤっとしたでしょ?

山口県民、とにかくどこでも歌う

これだけ日常的にキャッチーな曲が流れてる山口県。

街の様子はどうなってるかと言いますと、みんな普通に歌ってます。店の中とかでも

スーパーマーケットでは鼻歌どころかちゃんと歌詞を歌ってる人をそこそこ見ます。

無邪気に歌う子供たち、真顔で食材を選びながら歌う主婦たち、サビだけは歌うおじさんたち。いろいろです。

山口県民の習性を利用したオリジナルソング

ここで山口県民がまんまと自動的にに記憶させられたであろう、計算されつくした名作を2つほどご紹介しておきましょう。

①県知事選隊 行くんジャー

歌詞:Go, go, let’s go ふるさとへの熱き想いを一票に込めて 8月8日は県知事選挙に行くんジャー

投票日、なんの選挙、どうやって投票したい人を選んだらいいかという必要な情報だけをぴったり15秒に収めた「投票啓発CM」として完璧な一曲。選隊名も山口弁の「行くんじゃ(行くのだ)」にかかってる。バッチリ。

②フリーマガジン もってけ


山口ローカルの無料情報誌。「もってけ」という名前の情報誌で、求人情報誌、不動産情報誌、タウン情報誌の3種類を発行してます。

全国版で言うタウンワーク(求人情報誌)、SUUMO(不動産情報誌)、ホットペッパー(タウン情報誌)に相当する感じだと思います。

なんと、「もってけ」はこの3種類を雑誌名の表記で見分けさせています。どれがどんな表記かというと、

歌詞: もってけもってけもってけ 求人情報ひらがな 不動産情報カタカナ お店の情報アルファベット タダだよ どうぞ持ってって

この無駄のない歌詞。求人情報誌「もってけ」、不動産情報誌「モッテケ」、タウン情報誌「MOTTEKE」です。タダで持っていけます。完璧ですね。

山口県民の方へ

「よそもんが適当なこと言うな」と憤慨なさった方もいらっしゃるかもわかりませんが、ただのしがない移住者の戯言でございます…

どうかご勘弁くださいますようお願い申し上げます…

山口県に興味を持って頂いた方へ

個人的な体感ですが、そもそも山口のみなさんは基本的に移住者にやさしいと思います。

都会の人間が田舎に引っ越して村八分、みたいな話とかありますが、限界集落に乗り込んでいくレベルでもない限りそうそう発生しないことだと思います。

当たり前ですが、山口県民も同じ日本人です。みんなバリバリの山口弁だけど、方言などについて質問すると意味やニュアンス、使い方など丁寧に教えてくれます。

近所付き合いや観光地などのお店の人でも別にぐいぐい来ないし、どちらかと言うとさっぱりした人が多いと思います。

「周りに迷惑かけなければOK」が基本スタイルのようです。

気合入った観光地よりも、ちょっと気晴らしにノープランでぼんやりしたい、ほっこりしたい、考え事したい、そっとしといてほしい、という時にはぜひ山口においでませ。

山口県民にはこんな一面も

「餅まき」というイベントをご存知ですか? 筆者は山口に移住するまで知らなかったんですが、新しく家を建てた時などに神事として餅をまく風習が一部の地方に残ってるんだそうです。