山口県の水道代、高いのか安いのか?

faucet

以前、山口東部の電気代、ガス代を比較した記事を書きました。

じゃあ水道はどうなんだ?ということで今回は山口県の水道代事情。

山口東部の電気・ガス代事情はこちらからどうぞ

山口に移住して初めてプロパンガスの家に住みました。移住前は都市ガスの家だったので「ガス代は安いもの」と思っていました。

山口県東部の水道代請求ペース

どこも同じシステムかどうかはわかりませんが、筆者が住んでいる山口県東部のとある地域では、上下水道合算で2か月に1回水道代を払います。

ということで請求も2か月ごとに届きます。

料金システム

水道料金(上水道)+メーター使用料+下水道が基本構成です。

※筆者が住んでいる地域はコレですが、もしかしたら県内でも他の地域は違うかも。

水道料金(上水道)について

どうやら「メーターの口径」とやらのサイズと水の使用量(m3)によって基本料金が設定されていて、それ以降は従量制に移行するようです。

メーター口径 基本料金 従量料金(1m3あたり)
13-15mm 16m3まで3,110.4円 5,000m3まで13mm-25mmは248.4円

5,000m3まで40mm以上は216円

5,000m3を超える場合、1m3超えるごとに183.6円

40-150mm 40m3まで8,640円
上記は筆者が住んでいる地域の金額です。山口県は高い地域でもこの程度、と考えて頂いて構いません。

山口県内の地域格差

water-rates

県内某自治体の議会だよりに、各自治体の1か月あたりの水道料金が掲載されていました。

青の地域が山口県東部赤の地域が山口県中西部黄色の地域が山口県北部です。

とにかく東部内の格差にご注目頂きたい。

下松、岩国は1か月あたり1,500-1,600円なのに対して田布施/平生、柳井、上関、周防大島の4,600-4,700円って差が大きすぎやしませんかね?

1,600円 vs 4,600円で考えても毎月3,000円、1年で36,000円の差。これは痛い…

水道料金と地域性の関係

北部

水道代 都市名 地域性
安い

高い

都会

田舎

美祢
長門

北部は水道代が高い安いと言っても月200円程度しか変わりません

萩は確かに栄えてる方だと思いますが、北部全域が歴史観光地と化してる感じなので、居住目線で言うと北部なら水道料金と栄えっぷりはどこでも大差ないと思います。

中西部

水道代 都市名 地域性
安い

高い

防府 弱田舎

強都会

山口
山陽小野田
宇部
下関

中西部はわかりやすいですね。田舎ほど水道代が安く、都会ほど高いです。まぁ月500円程度ですが。

注意点としては、中西部はそもそも県内で一番栄えてるエリアなので、中西部の「田舎」は東部の「都会」以上に栄えてます。

そして山口県の「都会」は本気の都会から見ればたかが知れた感じなので、中西部では比較的水道代の安い防府を選ぶのも悪くない選択です。東部民にとって、防府は立派な都会です。

東部

水道代 都市名 地域性
安い

高い

岩国 弱都会

強田舎

下松
周南
田布施/平生
柳井
上関
周防大島

水道代だけで言うと一番損した気になるのが東部。都会ほど安く、田舎ほど高いです。

周南は下松や光より田舎なのか、という話なんですが、周南市の旧徳山市の地域は確かに下松以上に都会です。ですが、周南市は平成の大合併の結果、かなりの広範囲が周南市となってしまい、東部民ですら何があるかわからない山間部(事件のあった金峰などを含む島根県境方面まで)も周南市となってしまっています。まぁ平均すれば光と同じぐらいの栄え具合なんだとお考え下さい。

田布施/平生に関しては、柳井より月40円ぐらい水道代が高いんですが、間違いなく柳井より田舎です。唯一の例外ですね。というか、田布施、平生、柳井、上関、周防大島はもう大差ないといえば大差ないぐらい全部田舎です。

東部は価格差も大きく、下松から周南までは月500円ずつぐらいの差で済んでるんですが、周南から田布施/平生で一気に約1,800円も差がつきます。なんなんでしょうね(怒)

そんな事情もあって、東部の人間が活用しまくる無料ミネラルスポットがこちら

都会ではそうそう受けられない恩恵が山口にはある! ズバリ!天然水(湧き水)が無料で汲める「ミネラルウォータースポット」です!

まとめ

水道代と栄え具合(生活の利便さ)だけで考えれば、oftniseイチオシは下松市、岩国市、萩市、防府市です。

古民家に住んで農業やる、みたいな絵に描いたような田舎生活をご希望なら長門市や美祢市の郊外などがいいかもしれません。

水道代のことだけ考えて言うなら本当に東部はお勧めできません…それをカバー出来るだけのいいところが東部にはあると信じていますが…

山口東部への移住をおすすめするにあたって「こんなものがある」というよりも「こういう不安なことはないぞ」と力説するのも新しい切り口かな、と思いましたのでちょっと「ないない尽くし」なりにプレゼンしてみようと思います。