自己都合退職→パートにジョブチェンジしてから半年後、就業促進定着手当を申請した話

newjob01

久々のハロワシリーズ。

ついに半年経過して就業促進定着手当が申請出来る時期になりました!

たぶんブログ書いてなかったらすっかり忘れてたやつだと思います。危ない危ない。

結論から言うと、申請忘れたらかなり損するところだったので、カレンダーとかアラームとかありとあらゆるリマインダーを設定してでも申請時期を覚えておいた方がいいよ!

就業促進定着手当を申請しなかったら丸々10万ぐらい損するところだった

自己都合退職→失業手当ナシでパートにジョブチェンジし、再就職手当を満額で受給してから早半年、就業促進定着手当が10万ぐらいもらえることが判明しました。

これ申請忘れてたらおっかない金額やで~…

前職の給料と現在の給料の差がガッツリあるおかげでこの金額になっています。就業促進定着手当が10万より高いのか低いのかは前職、現職の給料次第だからね!

自己都合退職→パートにジョブチェンジで再就職手当を申請した話はこちら

ハロワシリーズ、今回は再就職手当の申請の流れについてまとめます。 記事を書くにあたってハロワに質問しまくってたおかげか、柳井のハロワの職員さんとだいぶ打ち解けてきた気がします。

支給金額は自分でも計算できる

「就業促進定着手当 計算」とかで検索するといろんなサイトが就業促進定着手当の計算式と解説を載せています。

その計算式に自分の条件を当てはめていけば、事前にどれぐらいもらえるか計算出来ますよ。

ちなみに、筆者は普通に計算を間違えたので、思ってた金額と全然違う金額が振り込まれました。

事前の計算では支給額が3万ぐらいで、「あぁ~、まぁ元々低賃金だし再就職手当満額でもらってるしな…」とか思ってたら、支給決定通知書に10万ちょいぐらいの金額が書いてあったのでびっくり。主に自分の計算能力の無さにびっくり

そんなわけで、事前に計算したかったら、「就業促進定着手当 計算」とかで検索して出てきたサイトをご参考にどうぞ。当ブログで計算方法載せたところで不安でしかないっしょ。

申請期限について

再就職後6か月経過した日から2か月以内が申請可能期間です。

月単位ではなく日にち単位で数えるので、もし勤務開始日が3月29日みたいな半端な日だった場合、申請開始日は9月29日、申請期限は12月29日となります。

申請準備をしよう

再就職手当の申請に行った時、ハロワの職員さんが「再就職手当の支給が決まったらご自宅に決定通知書を郵送しますので、その通知書と一緒に就業促進定着手当の申請に必要な書類一式も入れておきますね」と言われていました。

実際に届いた書類一式に含まれていたのが以下の書類です。

  • 就業促進手当支給決定通知書 (再就職手当支給しますよ、という連絡)
  • 雇用保険受給者資格者証
  • 就業促進定着手当の支給申請手続きについてのお知らせ
  • 就業促進定着手当支給申請書
  • 「再就職手当を受給した皆さんへ」 (厚労省からの就業促進定着手当の説明書的な)
  • 就業促進定着手当についての事業主の皆様方へのお願い

柳井のハロワが気を利かせて就業促進定着手当に関する書類を入れてくれたのか、どこも大体同封してくれるものなのかはちょっとわかりません。

じゃ、この書類の中から今回の申請に必要な物を揃えましょう。

申請するまでの実際の流れ

実際にやったことをそのまま書きます。

必要な書類

「就業促進定着手当の支給申請手続きについてのお知らせ」に書いてありました。

  1. 就業促進定着手当支給申請書
  2. 雇用保険受給資格者証
  3. 賃金台帳の写し又は給与明細書の写し
  4. タイムカード等出勤簿の写し
  5. 委任状 (本人が提出しない場合のみ必要)

これらの収集が今回の第1ミッションです。

今回は自分でハロワに提出予定なので、5の委任状は不要

1の就業促進定着手当支給申請書と2の雇用保険受給資格者証も、再就職手当の決定通知書が届いた時にちゃんと大事に保管してればスッと用意出来るやつですね。

ただし、就業促進定着手当支申請書は勤務先にも記載してもらわなければならない項目があるので、それの提出と一緒に3、4の写しを出してもらえるよう勤務先に依頼しましょう。

就業促進定着手当支給申請書の下準備

就業促進定着手当支給申請書は、こちらが必要事項を記載し、勤務先にも必要事項を記載してもらわなきゃいけないので注意が必要です。

まずは自分で記載しないといけないところを記載してから勤務先に依頼しましょう。

shu02

赤文字の部分を自分の情報に合うように記載して下さい。

これで下準備はバッチリ。

勤務先に書類の記載を依頼する

勤務開始日からきっかり半年後+1週間ぐらいのタイミングで勤務先に以下の書類を提出しました。

  • 就業促進定着手当支給申請書 (pdf )
  • 就業促進定着手当についての事業主の皆様方へのお願い (pdf )

こちらから勤務先に「給与明細書とタイムカードの写しをくれー、就業促進定着手当の書類記載してくれー」って伝えなくても、「事業主の皆様方へのお願い」が勤務先向けの説明書みたいになってるので、上記2つを提出して「就業促進定着手当の申請をしたいのでお願いしますー」でOK

勤務先から書類が返却されたら

再就職手当の時も返却まで結構時間がかかったので、今回はかなり早めに依頼していました。

思った通り、返却まで半月以上かかりましたね。まぁこの辺は勤務先によると思います。

無事、3の給与明細書の写しと4の出勤簿の写し、そして勤務先側も記載してある1の就業促進定着手当支給申請書が手に入ったので、必要なものは全て揃いました。

最後に忘れずにやること

shu03

1の就業促進定着手当申請書の下の方に署名欄があります。

ハロワに提出する日付で忘れずに書いておきましょう。ハンコは認印で大丈夫だそうです。(ハロワ確認済)

ハロワに提出しに行こう

ということで、必要な書類の1から4まで揃いましたね?

じゃ、ハロワに提出しに行きましょう。

平日休みが取れない人は郵送でもOKですが、不備があったら面倒なので、もし平日行けるのであれば直接ハロワに行った方がいいんじゃないでしょうかね。

ハロワの雇用保険窓口に必要書類を提出したら、その場で足りないものが無いか確認され、不備が無ければ「ほぼ確実に支給になると思います~」で申請は終了。

いつ支給されるの?

申請から1週間ぐらいして就業促進手当支給決定通知書が届きました。

その通知書に「1週間以内ぐらいで振り込まれる」旨が書かれていたので、実質お金がもらえるのは申請してから半月後ぐらいですかね。

筆者の場合は通知書が届いた2日後に振り込まれてました。(どないやねん)

とにかく、通知書届いて1週間ぐらいしても振り込まれないようなら、ハロワに確認した方がいいと思いますよ。

うっかり申請するのを忘れていたら

例によって時効システムが適用されるそうなので、2年以内なら申請可能ですよ。

ただし、支給までさらに時間がかかったりすることもあるようなので、出来るだけ最初の期限以内に手続きしましょうね。

地味に山口労働局の公式サイトがリニューアルされてた

今わざわざ言う情報でもないんだけど、知らない間にサイトがリニューアルされてたよ!

と思ったらトップページだけ!(ズコー)

まぁ順次コンテンツもリニューアルされていくんでしょう。

まとめ

失業手当や再就職手当をもらったところで満足してしまう人もいると思いますが、この手当のおかげで割と大きな金額が支給される可能性は大いにあるので、忘れずに申請した方がお得ですよ!

とは言っても、再就職して半年経過したぐらいだと、やっと新しい職場にも慣れた頃で手当の申請とかうっかり忘れる場合がほとんどでしょう。

リマインダーつけておきましょうね!リマインダー!

一応2年以内までは申請出来るので、既に半年経過してしまった人でも手続きしてみる価値はありますよ!

おしまい