ドイツに荷物を送りたい!国際eパケットの送り方、国際郵便マイページでの送り状作成方法

epacket01

今度はドイツに荷物を送る用事が出来たので、またまた自分用メモ。

インドネシアに送る時はEMSを利用したんですが、ドイツだと送料が格段に高くなるので、いろいろ検討した結果、国際eパケットで送ることにしました。

EMS(国際スピード郵便)の送り方はこちら

今回は完全に自分用メモです。 インドネシアに住んでいる友人に荷物を送る用事が出来たので、今後同じようなことがあった時の為に、EMSの発送手順を残しておきたいと思います。

とにもかくにも、まずは専用パウチを手に入れろ!

とりあえず「この記事を見ながら国際eパケットを送ってみよう」と思っている方へ。

国際eパケットは、何の準備もせず本日中には送れません。

出来るだけ早く発送したい、という方は、まず専用パウチを手に入れる手続きだけでも今すぐやりましょう。届くだけでも5営業日程度かかります。

郵便局に直接出向いても、郵便局は専用パウチ、国際eパケットの伝票を持っていないので、手元に専用パウチが無い場合は、発送出来るようになるまで最短でも5日かかります

専用パウチの入手方法

まずは国際郵便マイページサービスに行ってログインします。

アカウントが無ければ作成して下さいね。

ログインして「マイページメインメニュー」右下→「オンラインシッピングツール」→「パウチ請求」をクリック。

epacket02

5枚単位で最大50枚まで送ってもらえます。

画面の指示に従ってパウチ請求を済ませておきましょう。

国際eパケットで送れる荷物のサイズ

3辺合計が90cm以下で2kgまでの荷物なら国際eパケットで送れます。

感覚的には「ゆうパックの80サイズぐらいまでで軽い物ならOK」と覚えておけば間違いないですね。

詳しいサイズの案内はこちらから

国際eパケットの送り状作成方法

1.  先ほどの「オンラインシッピングツール」の中の「送り状を作成する」をクリック。

epacket03

2. 依頼主と送り先を選択して、内容品を登録していきます。

発送種別は「国際eパケット」を選択。発送方法は選択出来なくなるので空欄のままでOK。

epacket04

3. その下にある「内容品を登録」をクリックすると次の画像のような画面になります。

内容品名と単価(1個あたり)は必須なので必ず入力。

原産国名や重量などはわかる範囲で入力しておきましょう。

epacket06

4. 入力が終わって「この内容で登録する」をクリックすると、同じような確認画面が何度も出てきます。「登録」→「送り状:内容品登録へ戻る」をクリック。

内容品が複数ある場合は、3と4の手順を繰り返して下さい。

epacket07

5. 登録が完了すると、次の画像のように内容品に登録したものが表示されます。

個数を記入して、「内容品種別」を選択。今回は贈物なのでそのまま「贈物」を選択。

一番大きな赤枠の「危険物についてのご確認」を読んでチェックを入れ、「発送関連情報の入力」をクリックする。

epacket08

6. 発送関連情報は、基本的に*がついている必須項目だけ埋まってれば大丈夫です。

発送予定日」は自分が発送したい日、デフォルトでは作成日になってるはず。

インボイス印刷設定」について、デフォルトは「印刷しない」になっているので、ドイツに発送するのであれば、必ず1枚は印刷するようにしましょう。

epacket09

インボイスが必要かどうかは、国と送る物によるので、以下の国際郵便条件表で各自確認して下さい。

海外に郵便物を送付される際に便利なツールや資料をダウンロードいただけます。
あまりによくわからなければ、とりあえず2枚ぐらい印刷して郵便局に一緒に持っていけば、職員さんが必要かどうか確認してくれます。

一番下の「有償」「無償」というのは、発送先の人が内容品の代金を支払う必要があるかどうかです。要するに、こちらが送ろうとしているものを、その人は買ってるのかどうか、ということですね。

今回は贈り物なので、発送先の人は代金を支払う必要がありません。なので「無償」。

7. ここまで終わったら、「登録内容を確認する」をクリックして、画面の指示に従い、送り状を印刷しましょう。

送り状を印刷したら

epacket10

完成した送り状とインボイスがコレです。

左側が送り状、右側がインボイスで合計2枚印刷されました。

赤枠2か所に直筆のサインが必要です。

これでようやく郵便局に行く準備が整いました。

郵便局でいろいろ確認があるので、専用パウチは荷物に貼らず、送り状、インボイスと一緒に郵便局に持って行った方がいいですよ!

不備があったら専用パウチ1枚無駄になりますので…

まとめ

発送先がドイツであれば、十中八九インボイスは必要です。

まぁ送り状もインボイスも全部オンラインで作成出来るので、いちいち手書きで送り状を書く必要がないのがいいですね。

最初にも言いましたが、国際eパケットの注意点は「専用パウチを持っていなければ、どう頑張っても急ぎで発送出来ない」ことです。

国際郵便を送る際は、まずしっかり準備出来る時間を確保しましょうね。

おしまい