ミルメークコーヒーって2種類ない?違いはなんだ?

milmake01

給食でおなじみの「ミルメーク」。今はスーパーや100均でも売られていますよね!

筆者はかなりの少食なので、こういう少量で栄養ありまっせ的な商品に目がありません。

ところで、ミルメークコーヒーって何種類もありません?ココアやイチゴなどの味違いじゃなくて、ミルメーク「コーヒー」の種類。

気になったのでちょっと調べてみました。

最初は100均で買ってた

milmake02

近所のダイソーに売ってるのがこのタイプのミルメークコーヒーです。

ポイントは「6g×8袋」と「ビタミンC配合」ね。

ドラッグストアで買ったやつがコレ

milmake03

14袋」って書いてあるので、最初は「100均よりいっぱい入ってていいなぁ」と思って買ったんですが、よーく見たら「ビタミンD配合」って書いてるのよね。アレ?Cはどうした?

公式サイトで確認してみよう

ミルメーク ※「ミルメーク」は、大島食品工業(株)の登録商標です。 学校給食用(40個入) 液体タイプ 家庭用(20、15個入) 家庭用(5個入) 大袋(約11~13杯分) クッキング用ミルメーク(製菓材料として使えるミルメーク)

えーっと、8袋入りのやつと、14袋入りのやつ…はどっちも載ってないぞ?

とりあえず名前に「ミルメークコーヒー」が入ってる商品は2種類どころじゃなかったですね。

公式サイトに8種類ほどの「ミルメークコーヒー」が載っていましたが、筆者が購入していた2種類はさらに別の種類の「ミルメークコーヒー」らしいです。

なんでこんな何種類もあるんだ…?

パッケージも違けりゃ内容量も違う

milmake04

1袋あたりの内容量は、100均が6gでドラッグストアが5g。どっちが得なのかね?

せっかくなので計算しておきましょうか。

もはや粉の全量で比較するしかないんだけど、

100均:6g×8袋=48gで108円 VS ドラッグストア:5g×14袋=70gで204円

だったので、1gあたりで言うと

100均:108/48=2.25円 VS ドラッグストア:204/70=2.91円

100均の方がちょっとだけお得みたいです。なんだこのみみっちい計算は。

栄養成分の違い

milmake05

ドラッグストアのやつは100均のやつの改良版なのかしら?

共通している成分では、100均よりもドラッグストア版の方がカルシウム、鉄、ビタミン類の量がちょっとだけ多いですね。

ビタミンCからビタミンDに変更した理由はなんででしょうね。カルシウムの吸収の為ですかね。

一応原材料名に「V.C」と書いてあるものの、成分表にビタミンCが入ってないということは、栄養としてカウントできるほどの量は入ってないということなんでしょうか。うーん。

味の違い

正直言って違いはわかりませんでした。

どっちも「ミルメークコーヒー」なので味的には本当に一緒だと思います。

まとめ

ミルメークは給食用、家庭用、顆粒、液体などとにかくたくさんの種類があります。

その日の気分で違う味や、表記されている栄養で選ぶのもいいかもしれませんね。

とにかく筆者のような少食の人は、こういう商品をうまく活用してちょっとでも栄養を確保するようにしましょう。