分解・修理マニュアル投稿サイトが日本で普及しないと思う10の理由

disassemble as the featured image

私、斉藤ヨウは約10年ほどPCの修理を仕事にしておりました。

たまたまtwitterで、各メーカーの機械の分解手順や修理ガイドをまとめてる外国の会社のプロモーションを見かけまして、一見便利かな、と思ったんですが、元プロとしていろいろ引っかかったことがあったので言及しておこうと思います。

修理マニュアルを募って公開する会社…?

そのサイトはとにかくいろんな機械の修理マニュアルのデータベース化を目指しているらしく、見た瞬間は「おぉ~便利そう」って思ったけど、すぐに「いやこれ少なくとも日本社会では問題になるタイプのサイトやろうな…」って思ったのでその理由を残しておきます。

正直言って、その会社とあまり関わりたくないので名前等は出しません。

①分解・修理ガイドをユーザーに作成させる

その会社のサイトでは、一般人がユーザー登録をして、自分が作成したコンテンツ(分解・修理ガイド)を投稿する仕組みです。

問題はそのクオリティ。一応「こんな感じで作ってね」というガイドラインはありますが、あくまでも写真の撮り方とか、説明文は詳しく書きましょう、みたいなガイドラインだったので、注意点などの基準は作成者に依存する様子。

②コンテンツ作成者はターゲットのスキルがわからない

実際の修理屋でもそうですが、相手が初心者なら初心者向けの説明をしないと事故やケガをする恐れがあるので、説明するときにはそういう部分をすごく気にします。

コンテンツ作成者は「同じ機械を持ってる人」というざっくりしたターゲットしかわからないので、「これぐらいは言わなくてもわかるだろう」と思って説明を省いてしまったら事故の元ですね。

どれぐらいのコンテンツ作成者がそこまで気にしてマニュアル書いてくれますかね?

③作成したコンテンツの扱いが酷い

そのサイトに投稿したコンテンツは全て「クリエイティブコモンズ BY-NC-SA 3.0」というライセンスが付くそうです。

クリエイティブコモンズ BY-NC-SA 3.0とは、非営利目的であれば、出典を表示するだけで、どの媒体でも自由に複製、配布、改変出来る権利のこと

作成したコンテンツは作成者が著作権を持つようですが、同時にサイト側もそのコンテンツの再公開、再ライセンスの権利を保有し、サイト側がそのコンテンツを利用したり、作成者からの事前同意なく第三者に対してライセンスすることが可能だそうです。

体感的には、もはや「コンテンツの献上」です。

④修理作業には向き・不向きがある

個人的には各製品の修理マニュアルの公開や部品の販売をしてもらえたら泣いて喜びますが、やはり作業的な面では賛成できません。

分解作業自体はそれこそマニュアルがあれば誰でも出来ると思います。

出来るんですが、たとえ機械が好きでも不器用な人や大雑把な人は、一般人が書いたマニュアルだけを当てにしてやるのは危険です。

それと、これを機に修理をやってみようと思ったガチの素人さんも危ない。修理とはなんぞや、という大前提をご存知ないと大惨事になります。

例えばPCの分解修理では、

  • 静電気はご法度
  • ネジの長さを気にしないのはまずい
  • サイズの合ってないドライバーを使う
  • 修理の過程で壊してしまったら自己責任
  • 分解跡があるとメーカーで修理を受け付けてもらえない可能性あり

など、少なくとも上記ぐらいは理解しておいてくれないと最悪の場合PCが燃えます

⑤他力本願なのにすごい上から目線

そのサイトでは、まずコンテンツの大半をユーザーに依存してるにも関わらず、なんと各ユーザーが作成したコンテンツ以外にも、サイト全体の翻訳までユーザーにやらせます

ご丁寧に「翻訳ガイドライン」と称して「機械翻訳使うな」とか「お堅い感じはやめて」とか注文つけまくりです。

さらに、分解・修理ガイドの翻訳をする人はユーザー登録後、サイトに自己紹介と言語スキルを申請し、OKが出ないと翻訳出来ないと書いてあります。仕事か?

サイトを見れば見るほど、なんでそんなに上から目線なのかわからないぐらい上から物を言ってますが、その最大の原因は、たぶん翻訳した人の語彙力のせいだと思います。

英語の文法上、日本語にした時にちょっと上から目線っぽくなっちゃうのはわかるんですが、だからこそ日本国内でよく見る感じの文章に「変換」しないと、本来の言いたいことと合わなくなっちゃうんですよね。

× あなたは本サイトのコンテンツを翻訳できます
 私たちと一緒に本サイトのコンテンツを翻訳してみませんか

こういうことですよ。受け取る印象がだいぶ違うでしょ。

プロの翻訳にも機械翻訳にも頼らず、一番中途半端な素人に他力本願で翻訳までやらせるからそうなるんですよ。

いっそのこと機械翻訳の方が割り切って読めるんじゃなかろうか。それぐらい日本語は言い回しに関しては特殊な言語だと思います。

⑥どこのメーカー系列でもない会社が、製品内部の公開をユーザーに促す

「会社」としてこれをやるってのは限りなくグレーなんじゃないかと思います。

正直言ってメーカーからしたら敵以外の何ものでもないんじゃないかな。

だって、自社製品を買ってくれたお客さんに、自社と全く関係ない会社が「バラして全世界に公開しろ」って言ってきてるのと大差ないからね。

しかも他のお客さんもそのサイトに上がってる修理に挑戦して、ギブアップもしくは失敗した場合、そのままメーカー修理に流れてくるかもしれないってことでしょ?

メーカー側の保証規定によってはユーザーが分解した時点で保証対象外とか修理自体受け付けてくれないとかありますからね。

うっかりさんの素人が何も確認しないで手を出した挙句、失敗してメーカーに連絡した場合、「修理を受け付けてもらえない」とか「もっと詳しい分解修理手順を教えてほしい」みたいな内容でコールセンターと揉めると思いますよ。

⑦こんなにハイリスクなのに報酬なし

上記全てを飲み込んで、そのサイトにとって理想的な分解・修理ガイドを作成したとしよう。

それだけの基準でやってたらお金取れるぐらいの情報量が出来上がってます。

なのにタダ!そんだけ頑張って何の報酬もなし!

日本以上に社畜根性ヤバいと思うし、無自覚の搾取感覚が根底にあるとしか思えない。

その会社の公式twitterアカウントが

エンジニアや修理工としてお勤めの方々が余った時間を使ってガイドを作成してもらえるのが理想です

って言ってたんだけど、プロの人がそんな作業をボランティアでやると思ってることが怖い

自分の余った時間を削ってまで修理未経験者のために1銭にもならない資料作りをしたい変態は相当少ないと思うよ。

それと別に、たぶん修理業界では普通なことだと思うんですが、入社/退社時に守秘義務の書類にサインするんですよね。自分が今まで携わったことに関して外部に情報を漏らしませんよ、という誓約書。

これがある時点で修理工でお勤めの方や筆者のような元修理工は自社製品については情報が出せないわけです。

ということは、もしやるとしたら他社さんの機械の情報を出さなきゃいけないんですが、勤務時間外に他社製品をバラして資料を作成してをタダで寄越せとは?

ちょっと悪意を込めて言うと、「タダで他社の情報探って寄こせ、ただしその情報流すことによるお前側のリスクは知らん」という状態ですよ。こわい。

⑧分解・修理マニュアルは製造メーカーにすら無い

そもそもの話、分解・修理マニュアルを所有してるメーカーって見たことないです。

たぶんほとんどの修理工が「ここ開きそうだな~」って適当にあれこれいじって分解してるだけでしょうね。それを繰り返してれば、自分の専門外で初めて分解する機械でも、なんとなく分解方法がわかるようになります。

言い方悪いけど、要するにその程度のことが出来ない人は分解作業に向いてないんですよ。

⑨権利を守る為の「自己責任」が正しいとは思えない

アレコレ書きましたが、その会社はアメリカの会社なんですよね。

一般人も修理をする権利」のようなことをサイト内で主張してらっしゃいました。

正直、「アメリカっぽい発想だなぁ~」って思いました。(偏見)

物を大切にしよう、自分で出来ることは自分でやろう、という発想から、その会社を立ち上げたんだろうなってことはわかるんですよ。その発想には筆者も賛成です。

その割にいろんなことを「自己責任」の一言で片付けすぎです。そのサイトの修理ガイドには「車」というジャンルがあります。一歩間違えば大事故ですよ。

もちろん車を自分でバラすアマチュアの愛好家もいますが、何というか、自動車整備士が日本で国家資格に指定されている理由がわかってないんでしょうね。

人がケガするかもしれない、事故が起きるかもしれない、ということを軽く考えすぎな気がします。その会社自体は分解修理ガイドを作るわけでもなく、ユーザーに「作成して投稿してね」って呼びかけてるだけなので、なおさら無責任に感じますね。

⑩サービスに対する考え方が日本とあまりに違う

筆者が軽い気持ちで

ガイド見ながら自分でやってみて結局出来ず、修理に出したら破損させてたのて有償対応になってキレるお客さんが大量に発生するのが容易に想像つく。

と公式twitterを引用ツイートしたら中の人からレスをもらってしまい、

ガイドを見て修理ができるかはユーザーの方が決められると思います。選択肢が増える、今はない修理情報を必要な人が自由に利用できるのが目標です。

と言われました。やっぱアメリカっぽいですね。(偏見)

「使う人は使うんだから情報は公開してみんながいつでも見れる権利を!」というのが向こうの主張。

筆者は元プロとして、ガイドを見ないと分解修理出来ないような人たちの為に、メーカーによっては禁止事項に指定されている分解修理作業の情報を、不特定多数が見られる状態で提供することには疑問があります

また、公式twitterは

修理技術がある方がガイドを書いていただければ、製品の寿命はより長くなるはずです。

ともおっしゃってました。

もし筆者がまだ現役で修理屋をやってる時にこの回答を見てたら、正直言って「侮辱」と取ってたでしょうね。

修理屋として稼いでるのに、タダで情報流してユーザーがみんな自分で修理するようになったら、結果的に自分の仕事が減るわけですからね。製品の寿命を延ばしたい、とか体のいい建前にしか聞こえません。「情報さえ渡してくれればお前が職を失おうが知ったこっちゃない」と突き付けられてる感じです。

製品の寿命を長くしたいなら、それを作ったメーカーにお金を払って修理してもらうのが一番確実ですよ。ちゃんとしたメーカーであれば部品はいっぱい持ってるし、修理保証だってあるし。

修理で利益が上がることがわかれば、耐用年数の高い製品を開発する方向になるかもしれない。実際問題、修理は利益を出しづらいから、ガンガン新製品作って短期サイクルで買い替えてもらおう、みたいな節がありますからねこの業界。

サポート期間が終わった製品の寿命を延ばしたい、というのであれば、それは言い方がアレかもしれないけど延命治療に近いです。一応動作はするけど回復する可能性は低い状態。

それよりもちゃんとお金を払ってメーカーに修理を依頼し、耐用年数の長い製品を発売してくれるよう、メーカーに「そういうニーズがあるよ」って伝えた方がまだ建設的なんじゃないかと思います。

結論:現状の日本では受け入れられづらいサービスである

大前提として、現時点で日本のほぼ全メーカーが情報を出さないスタンスなので、修理に関する文化や常識をかなり日本側に譲歩して頂かないと日本では成立しないサービスだと思う。

ましてやその会社が扇動して素人に修理に挑戦させたことによって発生するメーカー修理への負担はどうお考えなのかな。

分解修理作業において、どの辺りまでが自己責任なのか、重大な事故が発生した時の責任は、とか少なくとも日本では敬遠されるだけの理由があるわけでして。

車メーカーみたいにメーカー自身が分解マニュアルと部販を持ってて、一般ユーザーにお手伝いをお願いするならまだわかるのよ。

でも全くメーカーに絡んでない外国の会社が日本の機械の内部情報を自由に見れるようにしろって、それなんて黒船?