無料で使えるペイントツール FireAlpaca(ファイアアルパカ)のインストール方法

alpaca01

この度、初めてペンタブ買ったんですよ!

で、ペイントツールが必要ということで、無難なFireAlpaca(ファイアアルパカ)をインストールしてみたので、インストール手順を残しておこうと思います。

インストーラの入手

Mac、Windows両対応のフリー ペイントツール FireAlpaca。奇麗な線がひけるペン、アナログ感を出せる水彩ブラシなど機能が満載! シンプルな操作性、さらに無料だから誰でも手軽にイラスト・お絵描きを始めることができます!

上記の公式サイトに行って、Macユーザーの方はMac版を、Windowsユーザーの方はWindows版をダウンロードしましょう。

トップページの各ダウンロードボタンの下に、旧バージョンやWindows 32bit用のインストーラがあるので、必要に応じてどうぞ。

インストール手順

alpaca02

1. ダウンロードしたインストーラをクリック

・「FireAlpaca」で始まり、その次に「bit数(32か64)」、「setup_」、「バージョン(画像では2_1_9の部分)」、「.exe」で構成されているファイル名のやつがインストーラです。

2. 「OK」をクリック

・日本語以外でインストールしても、後々プログラムの設定項目から言語を変更することが出来ます。

alpaca03

3. 「次へ」をクリック

alpaca04

4. 「次へ」をクリック

・この設定はどこにプログラムを置いておくかを決めるものです。初期の状態から変更しない方が、不具合など発生した時に楽ですよ。

alpaca05

5. 「次へ」をクリック

・これは画面左下にあるWindowsのスタートボタンを押して表示されるスタートメニューに「FireAlpaca」という名前のフォルダでショートカットを作成しますよ、という設定項目です。「スタートメニューにショートカットを作成しない」という選択肢が表示されるソフトウェアもあります。(FireAlpacaは必ずショートカットを作らせる仕様)

alpaca06

6. 「インストール」をクリック

alpaca07

7. 勝手にインストール作業が進みます(数秒で終わるはず)

alpaca08

8. 「完了」をクリック

alpaca09

インストールは以上で終了です。

最初にクリックしたアイコンと同じ見た目のインストーラは、大体こんな感じで簡単にインストール出来るようになっています。

起動してみよう

alpaca10

何というか、Adobeっぽいですかね。多少は直感的に動かせそう…

FireAlpacaは書籍や解説サイトも充実してるようなので、ぼちぼち勉強してみよう。

おしまい