【Win10】Windows Modules InstallerのせいでCPUファンが全開になりっぱなし

flatout01

ちょいちょい気にはなってたんだけど、なんか定期的にCPUファンが全開になって地味にうっとうしかったので、ちゃんと調べてみました。

症状の詳細

頻繁ではないものの、月に1度あるかないかぐらいの頻度でCPUファンが全開になる

全開になりっぱなしではなく、全開になった状態で5分ぐらいキープした後、一旦減速するものの、また全開になっていくのを繰り返す状態。

こんな感じ↓

5分ぐらい全開 → 一旦減速 → 5分ぐらい全開 → 一旦減速 → 繰り返し

本当にCPUファンが全開で回ってるだけで動作が遅いとかは一切ない

発生しているPCはWin10のノートPC。

症状を引き起こしてる容疑者リスト

flatout02

ファンが全開って大体、ハードディスク使用率が100%になってるとかそういう類だと思ってたんだけど、思った以上に何ともなかったのよね…

強いて言えば「Windows Module Installer Worker」がなんかCPU、メモリ食ってるなぁって感じだけど、ファンが全開になるほどの数字ではないと思う。

  • ハードディスクは大丈夫そう
  • メモリも大丈夫そう
  • GoogleChromeが重いわけでもなさそう
  • Windows Module Installer Worker

上記のスクショは一応「Windows Module Installer Worker」のCPU占有率が一番高い状態で撮ったのよこれでも。

「Windows Module Installer Worker」って何なのよ?

なんかさらっと調べたところ、新しいWindowsアップデートを探したりインストールしたり、インストール後のクリーンアップに関わるようなプログラムなんですって。

で、他にも同様の症状の方がたくさんいるようなんですが、CPU占有率100%だったり、「動作が重い」って言ってる方が多いんですよね。

うちは動作はなんともなかったんだよなー。とにかくファンが全開なだけで。その辺はPC自体のスペックにも多少依存するようなところがあるのかな。

まぁとにかくWindowsアップデート関連なら、途中で何かするより事前にサービスを切るとかした方がいいんでしょうね。

解決策

基本的に放っておけば長くても数時間でおとなしくなるそうです。

Windows Module installer worker is constantly running with very high CPU usage. My PC has suddenly ground to a halt. All the latest updates are installed as wel...

根本的な解決策はないのかな?と思って調べてみたんですが、完全に同じっぽい内容が見つからず…

マイクロソフトコミュニティで一番近そうな症状が上記でした。

どうやらWindows8の頃からある症状のようです。

解決策を要約すると、

  • 「サービス」からWindows Modules Installer Workerを「手動」にする
  • Windowsアップデートの設定を「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」にする

だそうです。

ところがどっこい、筆者の場合、Windows Modules Installer Workerは既に「手動」で、Win10機なので「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」の設定が出来ないんですよね。(厳密に言うと出来ないことはないんだけど、だいぶめんどくさい)

オフトナイズ式解決策

個人的な見解ですので自己責任でお願いします
  • 「サービス」でWindows Modules Installer Workerを一時的に「無効」にする
  • 半年に1回ぐらい「無効」を解除して「ファン全開を我慢する日」を作る

個人使用のPCなのでもうこれでいいや。

あともう一手。

まだ試した回数が少ないので確実な回避方法として使えるかどうかわからないんですが、ファン全開の状態から一回休止モードに入れると、復帰した後も静かなままです。

まぁシステム不具合の発生要因になる可能性があるので、これは本当に自己責任でやって下さい。

おしまい