↓人気テーマ2トップ↓

2022/04/01 立浪監督、7戦目にして本拠地初勝利!!

1sthomevictory_01日記
この記事は約6分で読めます。

今年の開幕投手を務めた大野投手、2試合目の登板でいろいろメモリアルなリベンジ達成!!

スポンサーリンク

宿命のエース対決

開幕投手というものは、ローテーション的にどうしても各球団のエースと投げ合わなければならないもので、今日も広島東洋カープのエースで今年の開幕投手を務めた大瀬良投手との投げ合い。

いや、正直言えば、この際大野投手は何も心配してないんよ。竜のエースで沢村賞投手ですから。

問題は、ドラゴンズ打線が大瀬良投手打てるんかっていう…打った思い出なんかないぞ…

マスター突然の号砲

あのね、マスターは急に打つ。(しみじみ)

いやー!まさかまだ2回裏でバリバリ元気な大瀬良投手からいきなりホームラン打つとは!!

マスターが流れ関係なく急にソロホームラン打ったら勝つ、みたいなジンクスが出来上がりそうです。

今シーズン初勝利の時もそうだったけど、今のところ完全に号令係と化したマスター。

いつもありがとうやで…!

痛恨のミスから粘りのピッチング

2者連打の後、ピッチャー前に飛んできた打球をゆっくり落ち着いて変なところに投げてしまった大野投手。

大事に処理しようとしてた感はめっちゃ出てたんだけど、ちょっとだけ送球が逸れてしまった…

そして1アウト満塁で曾澤選手に逆転タイムリーを打たれてしまい、これで2-1に。

でもここで踏ん張るのがエースよ。その後は崩れることもなく、8回2失点の十分すぎるピッチング。

8回に爆発するドラゴンズ

8回裏、大野投手からの打順だったので代打に山下選手。

まだ負け投手にはなってしまっているけども、8回120球を投げ切った大野投手はここでお役御免。

惜しくも三振で1アウトのあと、大島プロと岡林選手のエンドランが決まって1アウト1、3塁になったところで鵜飼選手。

これで現在ドラゴンズの打点王ですってよ…!ルーキーでこれだけ打ってくれるなんてありがたみしかないな!

負けを消してもらった大野投手もすっごいうれしそう!

そしてビシエド選手はライトフライで2アウト、このチャンスで打てなかったくやしさがベンチ裏で爆発してしまったビシエド選手…

ほんとこれ。死球でも怒らないビシエド選手がそんなくやしい思いをしてると思ったら…!

そして最初に号令ホームランを打ったマスター再び。

まぁ今日はもう1本打ってるし、ここで打てなくてもまぁしょうがn…

すいませんでしたァァァア!!

いやほんと、号令から勝ち越しタイムリーまでありがとうございます…!

どらほー!!

仕上げはおか~あさ~ん。

なんかかんやでまだ本調子ではなさそうなライマル様が無事締めて、本拠地初勝利!!

ゲーム終わればノーサイド。まずは大瀬良投手、1000投球回おめでとう!!

そして、今季初の本拠地どらほー!

大野投手がうれしそうで何よりよ…!花粉症たいへんね…!

確か、去年だかおととしだか、大野投手に勝ち星つくまで5戦ぐらいかかったことがあったと思うので、大野投手の2戦目で勝ち星ついたのは本当によかった!

そして勝利監督インタビューで、「8回裏、大島選手から打線がつながりましたね」と言われた立浪監督が、「そらーもちろんみんなバット持ってますから、ね!たまにはつながってもらわないとこまるんですけども」って言ってたのがとても監督らしかったですww

ハイ!ようやく本拠地でも勝ったので、この勢いで少しずつ借金を減らしていこう!

じゃあ最後は鵜飼選手初のお立ち台の様子で締めましょう。

いい写真すぎたろ!どらほー!!

Image Source: DAZN / Sportsnavi

タイトルとURLをコピーしました