↓人気テーマ2トップ↓

🇺🇸 American Song Contest 2022 決勝まとめ

asc2022_01日記
この記事は約9分で読めます。

2022年3月末に始まった初開催のアメリカ版Eurovision、American Song Contest、ついに決勝を迎えました!!

アメリカローカルのレギュレーションとか微妙に困惑しつつ、なんとかここまで来たよ。

そんな予選の様子はこちらから↓

スポンサーリンク

決勝パフォーマンスの感想

決勝にもなると、さすがに(?)ホスト2人のOPアクトがあるし、決勝進出者の入場とかもやるのね。

んじゃ最後なので改めて1つずつレビュー。

コネチカット州:Michael Bolton – Beautiful World

しゃべってる感じは(通し映像で見れます)、もはやハスキー通り越して普通にしゃがれてますね、という感じなので、歌声聞いたらますます「意外と声出るな!」ってなる。

こんだけ馬力あるなら普通にええ声だし高音も映えるね。

普通に歌うまいし御年そうなのに息切れしないし曲もEurovisionっぽい。

ノースダコタ州:Chloe Fredericks – Can’t Make You Love Me

ドヤ~~い。(ずっと同じこと書いてる気がする)

嫌いじゃないし全然悪くはないと思うんだけど、なんというか、重心が低すぎるんよね。

ロック方向かと思いきや割とブルース要素強いというか。(全然よくわからずで言ってる)

テキサス州:Grant Knoche – Mr. Independent

決勝はもしかしたら…?と思ったけど、やっぱりほぼかぶせのダンス全振り。

まぁこの運動量考えたらしょうがないんでしょうけど、本家のEurovision出場者たちを見習ってもらいたい。

アラバマ州:Ni/Co – The Difference

アラバマ世界観。2人の世界観作る系だけど、曲自体は結構映画音楽みたいよね。

なんだ?最終的に結婚式に来たみたいな気分です。

ケンタッキー州:Jodan Smith – Sparrow

ジャンルは全然違うんだけど、日本で言うと大江裕さんみたいな印象。

恰幅良くて声量あってのびのびしたハイトーンのこの感じ。歌唱力ガチ勢のパワーバラード。

ワシントン州:Allen Stone – A Bit Of Both

大本命きた!いや~やっぱ個人的にはこれダントツの優勝やな!

正直言って別に好きなタイプの曲調でもなんでもないんだけどね。

抜群の歌唱力なのに、ほどよくルーズなアメリカンアクセントがまさに外国人(主にワイ)が想像しがちなアメリカのカッコよさ。

オシャレだけど飾らない大人がバーでウィスキーを嗜んでる感じ。(何を言ってるのか)

アメリカ領サモア:Tenelle – Full Circle

なんやかんやで唯一の海外領土勢からの決勝進出!

エスニックの出力具合が絶妙な曲よね。

The Qualifiers Premiereで体力配分を学んだのか、最終的にはほぼかぶせに頼らず歌い切ったのは好感持てるぞ!

オクラホマ州:AleXa – Wonderland

今までで一番ちゃんと生歌が聞こえるぞ!まぁかぶせのボリュームが大きいのは大きいままなんだけども。

たぶん、個人的にダンスにあんまり興味がないので生歌諦めるぐらいならじっとしててくれって思っちゃうんだろうな。

生歌聴きたさにライブ映像を見る派なので…(小声)

テネシー州:Tyler Braden – Seventeen

スワローズのサイ・スニード投手みたいな。(8割方キャップとお髭の問題)

この人も歌うまかったね。あんまり興味ない系の曲調ではありますけども…

コロラド州:Riker Lynch – Feel The Love

The Qualifiers Premiereの時から誰かに似てると思ってたけど一個も思い出せなかった人。

Stephen Campbell Mooreの若い頃に若干似てるのかなぁ。もうちょい似てる人いる気はするんだけどなぁ…

曲は今回の決勝では一番好きかも。やっぱラテンポップ、ダンスポップ最強説よ。

投票の段取りとレギュレーション

ハイ!全員のパフォーマンスが終了したところで、改めて投票に関する段取りとレギュレーションを軽くまとめておこう。

予選の記事を書き始めた時点では投票の段取りとかまだフワッとしてたからね、というかコネチカット州のパフォーマンス後に唐突に段取りの詳細についてアナウンスがあったよ…!

まず、投票は各州と地域の審査員票と一般投票があり、その合計で順位が決まる。これが大前提。

審査員票について

今回参戦した56の州と海外領土の各審査員票を1つ1つ発表してたらめっちゃ時間かかるので、これらを5、6州ずつまとめて10の地域に分けたらしい。どこがどの地域に割り振られたかをまとめた表がこちら↓

ミッドウェストミシガン州、インディアナ州
イリノイ州、オハイオ州
ウィスコンシン州、ミネソタ州
アッパーサウスウェストヴァージニア州、ヴァージニア州、ノースカロライナ州
サウスカロライナ州、ケンタッキー州
ニューイングランドメイン州、ニューハンプシャー州
バーモント州、マサチューセッツ州
コネチカット州、ロードアイランド州
プレインズオクラホマ州、カンザス州
ネブラスカ州、アイオワ州
ミズーリ州、アーカンソー州
マウンテンズノースダコタ州、サウスダコタ州
ワイオミング州、コロラド州
アイダホ州、モンタナ州
ロウワーサウスフロリダ州、ジョージア州
アラバマ州、ミシシッピ州
ルイジアナ州、テネシー州
ミッドアトランティックニューヨーク州、ニュージャージー州
ペンシルバニア州、デラウェア州
メリーランド州、ワシントンD.C.
海外領土グアム、アメリカ領サモア
プエルトリコ、北マリアナ諸島
アメリカ領ヴァージン諸島
サウスウェストネバダ州、アリゾナ州、ユタ州
ニューメキシコ州、テキサス州
パシフィックウェストアラスカ州、ワシントン州、オレゴン州
カリフォルニア州、ハワイ

で、各地域内でそれぞれの票を取りまとめ、得票が多い順に12pt、10pt、8pt、7pt … 1ptと変換したものを10地域分発表していって、最終的にその合計が各アーティストの審査員得票となる。

審査員はもちろん自分の州には投票出来ない。

例えば、パシフィックウェスト地区の中ではワシントン州だけが決勝に進出してるけど、ワシントン州の審査員は自分の州に投票することは出来ない。

でも、同地区内のアラスカ州、オレゴン州、カリフォルニア州、ハワイがワシントン州に投票することは出来るので、パシフィックウェスト地区としてはワシントン州に票を入れることは出来る。

なので、パシフィックウェスト地区の審査員票としては、ワシントン州に入ってても全然問題はない。

伝わってるかねコレ?

一般票について

こっちは詳細がようわからんかったんやけど、NBC公式サイト、NBC公式アプリ、TikTokから投票出来ます、ぐらいしか言ってなかったんよね。

まぁEurovision本家と同じく、なんか審査員票から一般票の配分を割り出して、得票数から換算するみたいな感じなんじゃないかと思うよ。(ひどい説明)

結果発表ー!

ハイ!やっとこさの結果発表。

とりあえずタイムラインでどこの地域がどこに投票したか書くけども、さすがに州旗の絵文字は無いので、今回決勝に参戦した10組の州と海外領土の略称で書くね。

略称一覧がこちら↓

CT:コネチカット州
ND:ノースダコタ州
TX:テキサス州
AL:アラバマ州
KY:ケンタッキー州
WA:ワシントン州
AS:アメリカ領サモア
OK:オクラホマ州
TN:テネシー州
CL:コロラド州

ようやく準備が整ったので結果発表。まずは審査員票から。

*12ptから1ptに向かって書くよ。

ミッドウェスト地域
-> WA, TX, TN, ND, AL, OK, KY, AS, CO, CT

アッパーサウス地域
-> TN, KY, OK, CT, WA, CO, ND, AL, TX, AS

ニューイングランド地域
-> WA, KY, OK, TN, AL, ND, CL, TX, AS, CT

プレインズ地域
-> AL, OK, KY, WA, TN, TX, CO, ND, AS, CT

マウンテンズ地域
-> WA, TN, ND, KY, CT, TX, AL, OK, AS, CO

ロウワーサウス地域
-> KY, WA, TN, AL, CT, AS, ND, TX, CO, OK

ミッドアトランティック地域
-> WA, KY, TN, CT, AS, OK, TX, AL, ND, CO

海外領土
-> TN, WA, AS, CT, OK, AL, ND, TX, KY, CO

サウスウェスト地域
->WA, TN, KY, OK, TX, ND, AL, AS, CT, CO

パシフィックウェスト地域
-> WA, AL, KY, TN, ND, AS, CO, OK, CT, TX

ということで審査員票の合計を一覧にしたのがこちら↓

やっぱ審査員にはワシントンが人気あるね!

割といいと思ってたコロラドの評価の低さはだいぶ驚いたけども…

この審査員票の結果に一般票を足したのがこちら!

第1回 American Song Contest 優勝はオクラホマ州!!

感想総まとめ

_人人人人人人人人人_
> とにかく手探り <
ï¿£Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Yï¿£

正直、Eurovision以上に誰も見てないやろうし(軽い問題発言)、段取りも当日まで詳細が出ないとか結構みんないっぱいいっぱいで頑張ったんじゃなかろうか。

いやーでもアレやね、やっぱりかぶせのレギュレーションはほしいな。せっかくいいステージングでもかぶせが大きかったり口パク部分があるとすごいガッカリする。

良かった点は投票関連かな。審査員票の影響が一般票よりはるかに小さいのはすごい良かった。

プロの目から見たらいろいろあるんだろうけど、やっぱり一般人の支持を一番集めた人に勝ってもらいたいもんよ。審査員が評価した部分が素人にも理解できる魅力だとは限らんからね。

その審査員たちもめっちゃ歌唱力重視っぽいのがまた良かった。まぁ本家のEurovisionとは違ってアメリカ国内のみの話だから、あまり政治的なものとかも絡まないのかもしれない。

ということで、来年また見るかって言われたら微妙だけど(微妙なんかい)、思った以上にちゃんと進んでちゃんと終わったからヨシ!

Image Source: NBC | Source: NBC

タイトルとURLをコピーしました