↓人気テーマ2トップ↓

Eurovision 2022 🇦🇺オーストラリア国内予選(Australia Decides 2022)まとめ

australia-decides2022_01日記
この記事は約4分で読めます。

欧州各国もオンライン配信が充実してきたようなので、2022年のユーロビジョン国内予選は追える限り追っていこうと思う。

このページでは🇦🇺オーストラリアの国内予選をまとめたよ。

何がありがたいって時差がない!!そして英語!!

スポンサーリンク

レギューレション

なんかSBS公式オンデマンドがジオブロ外すって言ったのに結局ジオブロだったんですけども!?

まぁとにかくもう時差がなくて英語ってだけで相当気楽。マジ気楽。超ありがたい。

投票は審査員票50%一般票50%の合計だし、参戦者は11組しかいないし、1日で決まるしマジで今回一番日本にやさしい国内予選。

んじゃ気楽に全曲レビュー。

G-Nat!on – Bite Me

印象を一言で言うと、「Hurricane x2」。

やっぱ6人は多いな。踊る系統なら3人まででいいかな。せめて4人。

Erica Padilla – To The Bottom

なんかオーストラリアってこんなテイストが多い印象あるわ。なんというか、若干ソウルっぽいというかファンクっぽいというか。

歌うまいのかって言われると微妙にうまくはないな…

Seann Miley Moore – My Body

誤字かと思ったけど本当に「Seann」でいいのね。

これはアレだ。8割ぐらいはミュージカルや。バリッバリに歌うまいし。

曲調的には全然暗いわけでもないんだけど、この手の大自然系壮大ポップみたいなのもなぜか刺さらんのよな。

Charley – I Suck At Being Lonely

えっ、ただでさえバラードなのにこの曲サビなくない?

最後の方の「ハァ~~ア~~~」のあたりがサビなん?え?

Andrew Lambrou – Electrify

いいよ!!!悪くないよ!!欧州っぽいよ!!!!ww

なんか見た目の感じからMahmoodみたいな芸風かと思ってたよ。(小声)

ちょい不穏なのでもうちょいガツンがほしいけど方向は合ってるぞ!

Sheldon Riley – Not The Same

何を装備してんねん。(困惑)

Conchitaリスペクトが多いからか、この系統のパワーバラード多いな。

ほんでオーストラリアに限らずやけど、泣き始める人多くない?(ちょっと引いてる)

Paulini – We Are One

いいぞ!!それや!!!

うまいことオーストラリア感残しつつ、ちょいレトロポコポコビートでいいじゃないの!(アホの説明)

贅沢言うなら、若干、若っっっっ干ハイトーンが不安定なのでもうちょいホレ!もう一声!!

Jaguar Jonze – Little Fires

もっとキャッキャした芸風かと思ったらまさかのバラード系だし歌がうまくない…

うっすら電撃ネットワークみのあるステージングやな。

またや…なんで最後泣くねん…(引いてる)

Isaiah Firebrace & Evie Irie – When I’m With You

あー男の人見たことあると思ったら2017年のオーストラリア代表じゃないの!短髪すぎてしばらくわからんかった。

さてはアレだな?女の人は別に歌うまいわけじゃないな?

Voyager – Dreamer

期待!!(開始2秒の感想)

こういうアレは好きですよ!!なんて言うの!?宇宙ステーションみたいなイントロのやつ(?)

サビで思ったより浮上していくので、もうひとガツンあってもいいんじゃないかしら!?

Jude York – I Won’t Need to Dream

全力でDreamを必要としてそうな おねむ感。

めっちゃ子守歌ですやん。

結果発表ー!

審査員票と一般票が50%、50%の割合ね。

それを一覧表にしたのがこちら!

登場順審査員一般合計
06Sheldon Riley5050100
10Voyager376097
08Jaguar Jonze514091
04Charley333063
01G-Nat!on114556
07Paulini322052
05Andrew Lambrou163551
11Jude York321547
02Erica Padilla202545
09Firebrace & Evie Irie351045
03Seann Miley Moore18523

Eurovision 2022 オーストラリア代表はSheldon Riley!!

オーストラリア国内予選感想総まとめ

Paulini、Voyager、Andrew Lambrouのどれかがいければなー、と思ったけども、オーストラリアの審査員が想像以上に感極まる系を高く評価したね…

Voyagerは一般票ならトップだっただけにくやしい。

全体的なことで言うと、時差がないのでリアルタイムで見られる喜び、そして英語。これに尽きるわ…!

Image Source: SBS | Source: SBS / eurovision.tv

タイトルとURLをコピーしました