オフトナイズ式「逃げの移住」完全ガイド

2020年 新年のごあいさつ

この記事は約3分で読めます。

あけましておめでとうございます。

今年の年末年始は鬼滅の刃で過ごしたへいりーです。

よゐこチャンネルでよゐこのお2人がドハマりしてる鬼滅の刃。ジャンプでチラっとは見たことあったんだけど、どうにも気持ち悪くて読んでなかったんだよね。どうやらたまたまスパイダーマンの「マン」抜き(名前を出すのも恐ろしいぐらい苦手なムシ)がベースの鬼のストーリーのくだりを見てたらしく、改めて読み返してみたら、それ以外は普通に面白いバトル漫画だった。

【U-NEXTなら鬼滅の刃のマンガもアニメも配信中。無料トライアル中に解約すれば月額料もかからないよ。結局、金額の割に見れるものが多いので個人的にはU-NEXTが一番オススメ】

電子書籍

お気に入りのキャラは煉獄さんか伊之助かな。元気なキャラが好き。アレよね。敵も味方も死んでいくキャラは、それに至るまでのストーリーが語られるのが特徴的よね。アレでグッと来てもう1回読み直すところまでがセットみたいなところがある。

そもそも、昨年は後半になってよゐこチャンネルにハマったおかげで鬼滅も見るようになったし、久々にバラエティのジャンルをしっかり見るようになった。とにかくよゐこは安心して見れる。私が精神的に傷つくような笑いがほとんどない。

若い頃は年末年始とかガキの使いをしっかり見るようなタイプだったんだけどね。だんだん吉本感の強いバラエティそのものが苦手になってきちゃった。小バカにしたり、気軽に手が出るような笑いを見るのがだんだんつらくなってきちゃったんだよね。で、バラエティに限らずだけどTV全般を見なくなって10余年。久々にTVを中心に活動する芸人さんにハマったきっかけはニンテンドーチャンネル。

ゲームセンターCXとのコラボで有野課長のプレイを見て、元々ゲームも好きだし、ただただ辛抱強く作業するのは、やるのも見るのも好きなので、わぁ面白い!って思ったんだ。

さらに、そのニンテンドーチャンネルでは「よゐこのマイクラでサバイバル生活」ってシリーズが配信されてて、それでよゐこにガッツリハマった。めっっっっっちゃ面白い。マイクラやりたい。

有野課長単体ではたまにボケで毒を吐くことはあっても、「よゐこ」として他人をサゲることってまぁないよ。全方向への敬意がすごい。そして、真面目に努力することをバカにしない、という姿勢がすごい安心感持てる。年取ったのかな。

ほんで、よゐこ自体がすごいネット向きなんだろうね。正直言って、TVで見てた頃よりもよっぽど面白い。マイペースで少人数でまったり配信出来るYouTubeがすっごい向いてる。2人ともTV感覚が強そうなので、無言が続いたり変な作業ばっかり配信することにまだ不安があるみたいだけど、よゐこチャンネルの視聴者側は、主にTVを見てる層とは感覚が違うと思うので、全く気にすることなく我が道を進んで欲しい。

なぜか新年早々よゐこを語ってしまったけど、とにかく私みたいなタイプはやっぱりTVいらないな、と改めて確認した次第。

今年もよろしくお願いします。