↓人気テーマ2トップ↓

Eurovision 2022 国内予選のなかった12か国各代表の全曲レビュー

internalselections2022_01日記
この記事は約5分で読めます。

Eurovision 2022 すべての国内予選が無事終了しました。

さて、実はEurovision参戦のすべての国で国内予選があるわけではなく、国によっては予選を行わずに内々で選出するパターンもありまして、今年は12か国が予選なしで代表者を選出しました。

ようやく全曲出揃ったので、ここでまとめて全曲レビュー。

各国国内予選も全曲レビューやってるのであわせてどうぞ↓

スポンサーリンク

🇦🇲 Rosa Linn – Snap

出だしの感じで2021年ベルギー代表みたいな系統かな、と思いきや、割と明るめカントリーな感じだったね。

カーテンで帆を作って家が飛んだくだりで「んなアホな…」と思ってしまったので、こういうのを素直に楽しめる感性がほしい。(反省)

🇦🇹 LUM!X feat. Pia Maria – Halo

今年のオーストリア代表はエレクトロ・ダンス系と先行発表があってから、超期待して待ってました!!

期待した甲斐あった!!ええやん!!いいですやん!!!あるぞオーストリア!!Bメロの「行こか戻ろかどうしよっかなぁ~」みたいなメロディすき!Bメロがいい!みなぎる!

いやーこれオーストリアっぽくないわぁー!!!!(超いい意味で)

少なくともトップ3ぐらいまでは残ってほしいけど、唯一の懸念材料は、DJ主体でいい成績残したのを見たことがないっていう…

ダメかね~~ダメですかね~~~どうにかお願いできませんかねぇ~~~~~~

🇦🇿 Nadir Rüstamli – Fade To Black

走馬灯の時に流れる感じの曲。なんというか、闇が深そうな…

🇧🇪 Jérémie Makiese – Miss You

007系の出だし。2020年もそうだったけど、ベルギーは007系バラード好きなのかな?

ただ、今回は1ターン007やった後はR&B系のアレンジで進行。

最後のサビラッシュはアレね、繰り返せば繰り返すほど、歌詞とは裏腹に未練まみれに聞こえなくもない。それを狙った構成なのかなんなのか。(読解力と感性がゼロすぎてわからない)

🇧🇬 Intelligent Music Project – Intention

なんかGLAYみたいな始まり方した。

あーいいんじゃないすか!?去年のブルガリア国内予選参戦曲はほぼ全部病んでたのにえらい生まれ変わったやん!

曲の明るさとか構成がどこまでも広がる空に光が差しそうでいいすよ!!

🇨🇾 Andromache – Ela

めっちゃバルカンこぶし。

テンション低めの遠慮がちなバルカンポップかな。ギリシャのラジオでふわ~っと流れてきそうなやつ。

🇬🇪 Circus Mircus – Lock Me In 

これはだだスベりの予感…!ステージング頑張ったところで結構な確率でスベると思うぞ…

予習ナシで「これどこの国だと思う?」って聞かれたらイギリスって答えると思う。(流れ弾)

🇬🇷 Amanda Georgiadi Tenfjord – Die Together

なんか意外と北欧っぽい感じの、サビで急にザワ~~っと盛り上がるだけで他はボソボソした感じの曲。

🇲🇪 Vladana – Breathe

2019年以来のモンテネグロ。

1分半ぐらいから別の曲?ってぐらいのアレンジ変更。なんかポコポコシャカシャカが増えてバラードから急にフォークみたいになった。

なんか呼吸が止まり、カピカピになっては息を吹き返す、みたいなMV。

🇳🇱 S10 – De Diepte

ふ⤵う~~~~は⤵あ~~~~~

うん。バラードポップ。

🇨🇭 Marius Bear – Boys Do Cry

暗っっっら…

自動で字幕出てたし、歌詞を見ながら聴いてしまったんだけど、ちょっと気分を害するぐらいの暗さ…

好かーん…(直球)

🇬🇧 Sam Ryder – SPACE MAN

ビビった何のトーク番組始まったかと思った…!

各国おなじみのフォーマットのアレですね。みなさんは誰が司会の印象ありますかね?私はConan O’Brienです。(古い)

大体さ、この手のトーク番組ってどこの国の印象ある?やっぱアメリカ?司会の顔までわかるぐらいコレ!ってのは、アメリカのLate Night with Conan O’Brienか、ロシアのВечерний Ургантぐらいしかわからん。

話逸れまくりですけども、これ曲自体は嫌いじゃないよ!1歩下がったイギリスっぽい。(?)

まぁイギリスも毎年政治の影響を受ける国だしね…去年もあの感じの曲でドベは本当にかわいそうだったので、今年はもうちょい全体的にフラットな目線でお願いしたい。(今年は例年以上に無理だろうなぁ…)

Image Source: eurovision.tv | Source: eurovision.tv

タイトルとURLをコピーしました