↓人気テーマ2トップ↓

Eurovision 2022 🇲🇹マルタ国内予選(Malta Eurovision Song Contest 2022)まとめ

maltaesc2022_01日記
この記事は約11分で読めます。

欧州各国もオンライン配信が充実してきたようなので、2022年のユーロビジョン国内予選は追える限り追っていこうと思う。

このページでは🇲🇹マルタの国内予選をまとめたよ。

どうやらライブ配信はするものの、通し映像のアーカイブは残さないっぽいので、通し映像は見つかれば載せます…

スポンサーリンク

レギュレーション

なんかマルタ国内予選は、3夜連続開催で2日目に「Special Night」とかいう不穏なNightがアナウンスされてたので、アルバニアみたいな段取りなのかと思ったら、1日目にSemi-finalを実施して、その結果を2日目に発表するらしいんよね。

投票は基本的に一般投票のみっぽい?

見た感じ、まず22組の参戦者から一般投票で16組に絞られ(←これが2日目に発表される)、3日目の決勝前にワイルドカードとしてさらに1組選ばれるらしいんよ。

ということは、投票2回やるんかな?それとも単に17番目の得票数だったアーティストが3日目に発表されるんかな?ようわからん。

とにかく1日目にお披露目、2日目に決勝進出者発表、3日目にワイルドカード発表と決勝です。

Semi-final

なんか見た感じお客さん入れてる…ね…?コロナ禍の影響でしょうけども、めっっっちゃ遠くにお客さんおるね。

んじゃ通し映像はないので、1曲ごとのレビューを登場順にザザっと書いてくよ。

気になったやつはリンクから聴きに行ってみてね。

  1. Aidan Cassar – Ritmu
    若干歌唱力に不安を覚える地中海系。イスラエルっぽい。
  2. Janice Mangion – Army
    この人見たことある気がする。めちゃロングトーン押し。
  3. Nicole Hammett – A Lover’s Heart
    声楽勢ですかね。曲の7割ぐらいが壮大バラードで、最後の最後に急に盛り上がる。暖気長いよー
  4. Sarah Bonnici – Heaven
    R&Bチラつくまったりソング。最後のパワー解放はいらんかな…
  5. Mark Anthony Bartolo – Serenity
    意外とめっちゃバラード。うっっっすら歌うまくない。
  6. Denise Mercieca – Boy
    去年のEric Saadeの曲を宇宙空間に解き放ってきた感じの曲。こっそりあんまり歌うまくない。驚くほど声域狭い人なのかもしれない。
  7. Richard Edwards – Hey Little
    曲自体は絵に描いたポップで好きな系統ではあるよ!もうちょい歌唱力あれば結構な戦闘力だったと思う。
  8. Francesca Sciberras – Rise
    たぶん歌唱力ある人なんよね?なんかうっすら音外れてる感じのメロディに聞こえてしまう系バラード。
  9. Miriana Conte – Look What You’ve Done Now
    Rihannaとか好きそう。(全然しらんけど)
    これもどっちかっつったらイスラエル方面っぽい気がする。
  10. Giada – Revelación
    さっきからちょいちょいこの系統出て来るけど、こういうの何系って言うの?バルカンポップでいいの?何と言うか、バルカンR&Bみたいな。(なにそれ)
  11. Baklava ft. Nicole – Electric Indigo
    なんだかSunstroke Projectを思い出す電子バイオリン。(しかも今はもう脱退してる)
    あーなんかあるよね!なんだっけなー東欧のどっかが近年こんなのやってたような。
  12. Derrick Schembri – II
    あーいいっすよ!北欧系ちょいレトロシティポップっぽい。マルタの流れ見てたら勝てる感じではなさそうやけど。
  13. Norbert Bondin – How Special You Are
    あなたがどんだけ特別な存在かをとくとくと語る歌。曲調的にも。
  14. Raquel Galdes Briffa – Over You
    ぬるバラード。後半になればなるほど崩れる歌唱力。どうした。
  15. Jessica Grech – Aphrodisiac
    これはギリシャ。というか、もはやElena Paparizou。だいぶ馬力がないな。なんかふにゃふにゃ。
  16. Matt BLXCK – Come Around
    クセすごいぞ。ConchitaとLolita Zeroの真ん中ぐらいの感じの芸風でまさかのラッパー。割と体力はある。
  17. Rachel Lowell – White Doves
    いきなり音程不安定になることがちょいちょいあるね。北欧神話っぽい曲。
  18. Nicole Azzopardi – Into The Fire
    すごいなこの魚みたいな衣装。
    ハイ好きー!!!こういうのです!求めてたのはこういうのです!!ギリシャっぽくていいっすよ!最後に転調もあって曲的にはバッチリなので、ロングトーンの微調整だけ頼む!
  19. Emma Muscat – Out of Sight
    このタイプの曲は毎度「最初から2番のアレンジでよかったのでは」って思ってしまう。歌は相当うまい。お連れ様の登場が早すぎて一回引っこめられてたの草。
  20. Malcolm Pisani – We came for love
    一番どうしていいかわからん。歌うまパワーバラード。
  21. Enya Magri – Shame
    中東バラードというか。ウクライナとかもやりそうな系統。
  22. Jessica Muscat – Kaleidoscope
    サイプロスとかこんなんよね。(こんなんて)
    思ったよりレゲエっぽいゆるさだったので、もうちょいガツンとあるといいなぁ。

Semi-final 感想

日程的に、連日サンマリノ国内予選を見てるせいか、基本的に全員歌がうまいし異様にクオリティ高く見える。いやほんと音響とステージング大事。

個人的にはDerrick SchembriかNicole Azzopardiの二択!!

去年Destinyみたいなパワーソウルポップ系を送り込んでくれてるので、今年も信じてるよマルタ!!

Special Night

という名のSemi-final結果発表ー!

通し映像が無いので詳細がわからんのやけど、とりあえずマルタの歴代代表とか有名どころっぽい方たちが普通に歌う歌謡祭っぽかったので、結果だけ載せときます。

せめて結果発表のくだりだけでも映像残しておいてくれればよかったんやけどな…

ということで、以下の太字の16組が決勝進出!

  1. Aidan Cassar
  2. Janice Mangion
  3. Nicole Hammett
  4. Sarah Bonnici
  5. Mark Anthony Bartolo
  6. Denise Mercieca
  7. Richard Edwards
  8. Francesca Sciberras
  9. Miriana Conte
  10. Giada
  11. Baklava ft. Nicole
  12. Derrick Schembri
  13. Norbert Bondin
  14. Raquel Galdes Briffa
  15. Jessica Grech
  16. Matt BLXCK
  17. Rachel Lowell
  18. Nicole Azzopardi
  19. Emma Muscat
  20. Malcolm Pisani
  21. Enya Magri
  22. Jessica Muscat

ほらやっぱりDerrick Schembri落としよった!!

ということはもう個人的にはNicole Azzopardi一択です。マジ頼むうう!!

決勝

先立って発表されたワイルドカードは、

_人人人人人人人人人_
> Jessica Muscat <
ï¿£Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Yï¿£

ということで、決勝の全曲レビュー。

Baklava ft. Nicole – Electric Indigo

Baklavaさんはひょっとしてバイオリンの方かね?アレか、2019年フィンランドのDarudeみたいなもんか!歌わない方が本体っていう。

ステージング構成はAlcazarっぽい。衣装がそれっぽいからそう見えるんかな。曲自体はだいぶ普通のさわやかポップというか…

とりあえず、Eurovisionならバイオリンよりサックスの方が受けはいいと思うぞ。

Norbert Bondin – How Special You Are

Semiの方が歌うまかった気がする。

まぁ歌唱力ある人は大体バラードなので…

Matt Blxck – Come Around

登場順の緩急よww

いやほんと「ConchitaとLolita Zeroの真ん中」以上にフィットする表現が見つからん。

ラップ系じゃなくてガッツリのダンスポップとかだったらワンチャンあったかも。自由度が高すぎて、NettaのToy並みにカバーするのが難しい曲。

最後に名乗って終わる歌も珍しいね。

Giada – Revelación

なんだろうなぁ。何が足りない気がするんやろなぁ。

いやまぁそもそもそんなに歌唱力あるわけではないけども、なんかもうちょいこう、なんかホレ…

Jessica Muscat – Kaleidoscope

歌関係なくてアレなんだけど、このショートブーツなんだかスタイル悪く見えてしまう気がしないこともない。ファッションとかむちゃくちゃ疎いのであんまりアレなことは言えないんだけども…

曲的にはもうちょいなんかドンッ!てあるといいんだけど、さっきからなんか「Na na na na~」みたいなゆるテイスト多いよね。

Raquel Galdes Briffa – Over You

やっぱ後半になればなるほど歌唱力怪しい気がする。そういう曲なんかな。(えっ)

Nicole Hammett – A Lover’s Heart

2:20からが本番。

声楽勢で歌唱力あるのはわかるんだけど、サビのキーは普通に1オクターブ下でいいんじゃないかな…

Miriana Conte – Look What You’ve Done Now

パワー系ではあるんだろうけど、どうもこのテイストがあんまり興味ないので、「まぁ、うん」っていう感じの…

Nicole Azzopardi – Into the Fire

いやーやっぱコレやろ!!

すっごいわかりやすいダンスポップ。やっぱこういう盛り上がりそうなやつがええなぁ。

曲の構成としてはほんとに大好物なやつ。マジでたのむマルタ!

Sarah Bonnici – Heaven

やっぱり最後のパワー解放はいらんな…

なんだろう、思ったよりだいぶハスキーなので、曲調と合わないんかな。

Enya Magri – Shame

重スピリチュアルな感。歌はうまいとは思うんだけども。

Denise Mercieca – Boy

なんかもうちょいうまいことなりそうなんだけどなぁ。

一応アレンジ的には割とディスコポップっぽい感じではあるんよね。なんだろうなぁ。

Emma Muscat – Out of Sight

Semiでも書いたけど、ほんと2番のアレンジを最初からやろうぜ!

今回はちゃんとお連れ様登場のタイミング間違えなかったねww

Janice Mangion – Army

この人見たことあるような気がしてたけど、どうやら気のせいだったみたい。(なんやねん)

めっちゃくちゃ歌うまいのはわかる。なんせバラード。

Mark Anthony Bartolo – Serenity

あれ?こんな曲だったっけ?最初はバラードと思ったけどむしろボッサっぽい?

Aidan Cassar – Ritmu

たぶん衣装の感じからすると、どっちかっつったらラテンのアレなんだろうけど、どうもイスラエルとかあっち方面の感じっぽいよね。

いや全然悪くないと思うけど、もうちょいガツンとこう…(ガツンほしがりすぎ)

Richard Edwards – Hey Little

あれ!?Semiよりだいぶ安定してない!?いいよ!!いい感じやで!

テイスト自体は好きな感じなので、戦闘力あるならそれに越したことないぞ!

結果発表ー!

なんせ詳細がわからんので、ササっと結果を表にしたよ。たぶん一般票だけなんじゃないかな…?

登場順合計
13Emma Muscat92
16Aidan Cassar72
09Nicole Azzopardi36
02Norbert Bondin34
12Denise Mercieca31
08Miriana Conte28
03Matt BLXCK18
07Nicole Hammett16
11Enya Magri15
17Richard Edwards13
15Mark Anthony Bartolo11
10Sarah Bonnici10
04Giada8
06Raquel Galdes Briffa8
01Baklava ft. Nicole7
14Janice Mangion7
05Jessica Muscat1

Eurovision 2022 マルタ代表はEmma Muscat!!

マルタ国内予選感想総まとめ

Emma Muscatはまぁ妥当だとは思うけども、個人的にはNicole Azzopardiがくやしいなぁ~~~

Ricard Edwardsも決勝はかなり出来が良かったと思うので、ちょっともったいなかったな。

そしてワイルドカードのJessica Muscatはキッチリ最下位という意志のはっきりしたマルタ民。

でもアレね、マルタは基本的にみんな歌うまいね!しばらくサンマリノ国内予選みてたからそう思うのかもしれんけど。(まだ言う)

Image Source: TVM | Source: TVM

タイトルとURLをコピーしました