↓人気テーマ2トップ↓

【誰かァァア!!】Smash!!結成20周年でまさかの新曲発表【伝われこの感動】

smash_new_year01日記
この記事は約14分で読めます。

ヴラット・トパロフ勢とは言わん!(いきなりやめろ)

セルゲイ・ラザレフ勢いませんか!?!?!?

2000年代前半にロシア中の女子を二分化した挙句、人気絶頂のタイミングで大爆発の末に空中分解した、いろんな意味で伝説のアイドルデュオ「Smash!!」が紆余曲折を経てついに新曲発表!

盛り上がりを消化しきれないので、これまでの流れを説明するから誰か一緒に感動して!!(超めんどくさいやつ)

スポンサーリンク

この度、伝説のロシアンデュオ「Smash!!」が復活しました

左:セルゲイ・ラザレフ (Sergey Lazarev)
右:ヴラッド・トパロフ (Vlad Topalov)

2000年代にロシアで絶大な人気を誇った超実力派デュオ「Smash!!」。

ビジュアルも良く歌唱力も抜群なことから、ロシアだけでなく、旧ソ連諸国や東アジアの一部でも売れに売れていたが、人気絶頂の2005年に突如(実質の)解散。

あれからいろいろあって(後述)、結成20周年の節目を迎える2021年12月、ついに復活!

経緯を知ったら涙なしには語れないデュオなので、泣きながら語る!(めんどくさいタイプ)

歌うまキッズ出身

セルゲイとヴラットは「Neposedy」というキッズボーカルグループ(子役劇団の歌手版みたいなやつ)結成時の創設メンバー。

そう、デビューはめちゃめちゃ早いんよ。ヴラットに至っては5歳ぐらいですでにステージに立ってたはず。

そして、Neposedyは後に「t.A.T.u.」となるユリアとレナも参加していた超エリートグループで、現在もキッズボーカルグループとして、メンバーが入れ替わりつつ存続している。

こちらが創設当時のNeposedy。

わかりやすいところで言うと、真ん中の写真の最前列中央がセルゲイで、その左がヴラット。後列右から2番目がt.A.T.u.のユリアだったんじゃないかな。女子は原型なさ過ぎて誰が誰だか自信ないけども。

ほぼ同時期にデュオとなったt.A.T.u.が微妙に先に売れていったので、Smash!!が売れ始めた時には「男版t.A.T.u.」と呼ばれたこともあったとか。

あ、そういえば、当初Smash!!はヴラット、セルゲイ、ヴラットの妹のアリーナの3人組の予定だったんだよね。

中央がアリーナ。これは2021年の写真だけど、当初はこの3人でSmash!!の予定だったらしい。

アリーナは現在モデルさんだったり何かのコンサルとかやってたはず。

アイドルにスキャンダルはつきもの

当時、女性デュオの代表格がt.A.T.u.で男性デュオの代表格がSmash!!で出身アカデミーも全員同じだったため、結構セットでの出演が多かったらしい。

そうなってくると出て来るのがスキャンダル。

まぁ揉めたとかは無いみたいだけど、世間は狭くなるわな。

あ、言いそびれてたけど、ヴラットとセルゲイは従兄弟同士です。(言うタイミング)

Neposedy時代、初対面の時はお互いに認識なくて、いろいろ聞いてったら「アレ?従兄弟じゃね?」ってなったらしいよ。親戚付き合いどうなってたのか今も謎。

詳細はわからんけど、いろいろ見聞きしたところ、ヴラッドの母ちゃんとセルゲイの父ちゃんが兄弟なんじゃないかな。いや本当にわからんけど。

死ぬほど売れたSmash!!

そんなこんなで誕生した「Smash!!」。

そもそもは、ヴラットのお父さんの誕生日に、ヴラットとセルゲイが「Belle(ロシアでも大ヒットしたミュージカルの曲)」を歌ったところ、あまりの才能にデュオとしてデビューさせよう!ってなったらしい。

そう、Smash!!のプロデューサーはヴラットのお父さん、ミハイル・トパロフです。実に親族経営。

無事2002年1月に「Should Have Loved You More」でデビューしたSmash!!は即売れた。それはもう死ぬほど売れた。

同じ年の10月にデビューのきっかけとなった「Belle」もシングル化すると、「歌唱力ヤバい!」と人気が超加速。

そして満を持して2003年に「Freeway」をリリースすると、Smash!!人気はピーク。2003-2004年の音楽タイトルも総なめ状態。マジでいきなり出てきて、いきなり売れた。

コンビ内格差の末、空中分解

大人数なら分散されるものの、2人だと真っ向勝負になってしまうのが人気格差。

もちろん2人とも抜群の歌唱力でどっちも人気はあったんだけど、何と言うか、タイプが違うんよ。

セルゲイは絵に描いたような王子様タイプの優等生お兄さんで、ヴラットはチャラいけど人懐っこくて弟み強し。もうどっちがどうとかじゃなくて、完全に好みの問題。マジで。

ところが、最初はファンの比率が10:11ぐらいだったとしても、人気が出るにつれて人数的な差が開いてきたらしく、気が付いたらセルゲイ派とヴラット派にパキっと分かれ、ヴラット派が少数派になってしまった。

当時、セルゲイ20前後でヴラットは17歳前後。まだまだ思春期の未成年だったヴラットは少しずつ歪んじゃったんよね。

結果、突然セルゲイを外してSmash!!は新たにバンドとして再編成され、人気絶頂の2005年に事実上の解散。正式デビューからここに至るまでたったの2年。

Smash!!再編成の経緯は、プロデューサーだったヴラットの父が息子かわいさでアレコレしたみたいな説もありますけども、まぁ未だにこの辺はいろんな人がいろんなことを言ってるので結果だけ書きました。

関係が悪くなったまま10年以上が経過

2005年、セルゲイからしたら理不尽な状態でいきなり放出され、ヴラットはセルゲイ不在のバンド化したSmash!!を背負って全く違う芸風になってしまったため、ファン含めて全員が困惑する事態に。

そしてその後数年は、お互いがお互いの文句やらをインタビューで語ったりしてしまったので関係は最悪…

お互いの人気も一旦リセットされた状態になってしまい、ヴラットは一旦落ちるところまで落ち、セルゲイもちょっとした問題児のレッテルがついた状態からの再スタートになってしまった。

ここからヴラットが社会復帰(不穏な表現)して軌道に乗って、セルゲイが再び実績を積み重ねてブレイクして、関係修復が始められるようになるまで10年以上かかったよ…長かった…

セルゲイのユーロビジョン参戦と関係修復

実績も十分積んで再びロシアを代表する歌手となったセルゲイは、ついにユーロビジョンの2016年ロシア代表にも選出されました。

セルゲイの代表が決まった2015年末頃から、少しずつヴラットとの距離が近づき始める。

たぶん、セルゲイのこれまでのキャリアなどを振り返る特番とかが増えて、ヴラットをスルーして語るわけにはいかないってのと、ヴラットの社会復帰の目途がようやくついてきたので、公に出していっても大丈夫そうってメディアに判断された時期がちょうど合ったんだと思う。

共演が少しずつ増えて話す機会も出来たからか、ここから急激に関係が改善していく。

2017年、雪解け宣言

ようやく、セルゲイ、ヴラッド双方から「すべてのわだかまりが解け、かつての親友だった時のような関係に戻れました」というアナウンスがあったよ!(ソースはアカウント削除に伴い見られなくなってしまった…)

そこからはもう本当に親戚付き合いとしても同業者としてもお互いにサポートするようになり、インスタ上でも頻繁にやり取りする様子や、オフの日に親戚一同で集まったりするようになった。よかったよかった!

Smash!!復活の期待

こうも関係が改善すると世間が期待するのは、伝説のアイドルデュオSmash!!の復活。

でもね、さすがに当人たちは冷静よ。

そもそも人気格差で空中分解したんだし、いくらもう子供じゃないとはいえ、Smash!!から急に放り出されたセルゲイがここまで積み上げてきたところにいきなりヴラットが乗っかったら、再びヴラットにヘイトが集まるのは目に見えてるわけで。

ヴラットはどうしてもブランクがあるし問題児の側面もある一方で、セルゲイは地道に今のポジションを築き上げたわけだから、やっぱりヴラットとは格が違うわけよ。ここはもうしょうがない。

ユーロビジョンに出たぐらいだからもうロシア国内だけの話でもないし、東欧以外のファンからしたらヴラットは「誰?」ってなるわけで。

まぁ期待があるのも事実なので、数年に一度は一緒に歌ったりしてたんよね。だからこれぐらいの距離感でいいんじゃないかな。お互いのためにも。

そして迎えたSmash!!結成から20周年

ここ3、4年ぐらいはそんな感じで過ごしてきたセルゲイとヴラット。

そして2021年の年末、Smash!!結成から20周年となる2022年に向けて、重大発表がありました。

_人人人人人人人人人人_
> まさかの新曲発表 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

飛び上がったよ。リアルに。

マジで誰かに言いたかったけど、Smash!!を知ってる知り合いがいないのでこのテンションが消化できず。

その時の壊れたテンションがこちら↓

さぞかし取り乱してたワイ。

この時のテンションが結局年明けぐらいまで消化できなくてこの記事を書き始めたんだけど、その間にEurovisionの国内予選ラッシュとかで先延ばし先延ばししてたらロシア情勢が一気に雲行き怪しくなってしまい、ロシア関連の話題が出しづらくなってしまって今に至ります。

年明けの時点ではセルゲイもヴラットも超ハッピーハッピーだったんですよ…ハラショーハラショーだったんです…

Smash!!の現状

本来ならもうちょいイベントとかTV出演とかあったと思う。

2011年の時みたいにセルゲイのライブとかでもスペシャルゲストでヴラットが登場してたかもしれない。

でも、今はそんな状況じゃないし、発信される情報も激減して今後の予定がイマイチわからない始末。

インスタアカウントを消したセルゲイ

2013年頃から10年近くに渡ってメインで使われてきたインスタアカウントを削除。

経緯はわからないけど、最後に見た時の内容をたまたま抄訳してTwitterに載せてました↓

侵攻が始まったとき、即座に反戦コメントをアップしたロシア人歌手を数人確認してるけど、今でもアカウントの使用を続けてる人もいるので、なんらかのアレで削除を食らったわけではなく、セルゲイの意志でアカウントを閉じたんだろうね。

現在、セルゲイはTelegramに拠点を移したので、近況を追いたい人はこちらからどうぞ↓

*Preview Channelをタップすればアカウント無くても見れます

どうやらインスタとFBがロシア国内で禁止されるみたいな報道があったようなので、一部のロシア人はTelegramに移行していってるみたいやね。今のところセルゲイのFBは残ってるし、ヴラットのインスタは稼働してるけども。

追記

その後、なぜかセルゲイはインスタアカウント起こしてました。2022年5月時点では再び稼働中。

家族で難しい状況に直面するヴラット

ヴラットの奥さんは、レギナ・トドレンコというウクライナ人歌手なんですよ。

そして、ヴラットとレギナには3歳になる息子さんがいる。ロシア人の父とウクライナ人の母の間に生まれた子。

左から、レギナ、息子のミハイルくん、ヴラット。

たぶん同じ構成のご家庭はたくさんあるんだろうな。しかも、レギナは2人目を妊娠中の状態で自分と夫の母国同士がこの状況になってしまった。

現在進行形で混沌としている当事国の話なので多くは書かないけども、当事国同士にしかわからないようなことがいろいろあるらしく、どうやらヴラット夫妻はウクライナ国内の一部から叩かれる事態になってしまっているみたいで、さすがにやりきれない気持ちになっている。

めっちゃ蛇足やけど、ヴラット夫妻は息子に「ミハイル」と名付けたので、息子くんはSmash!!のプロデューサーだったヴラットのお父さんと同じく、「ミハイル・トパロフ」です。

同姓同名になってしまったと思いきや、ロシアのお名前はフルネームだと「名前・父称・名字」という構成なので、息子さんはミハイル・ヴラジスラヴォヴィチ・トパロフで、お父さんはミハイル・ゲンリホヴィチ・トパロフになり、一応呼び分けが可能。

Smash!! 20周年記念ソング「Новый год」

じゃあ最後に新曲のご紹介をして終わりましょう。

Новый год、日本語で言うと「新しい年」。お正月ソングです。

実はこの曲、セルゲイが2017年にリリースしたアルバムの中の1曲なんよ。それを、改めてヴラットと一緒に歌い直したの。

↑こちらが2017年オリジナル版。

お聴きの通り、元々はバラードだったんですよ!

これを20周年でヴラットと一緒に歌うっつってロシアンポップにアレンジされたんよ!それに伴って歌詞もちょっと変わったんよ!MVもガッツリ作った!ね!20周年だから気合入ってたよね!テンション上がってたよね!

軽々しく書ける話題ではないのはわかってます。

わかるけど、Smash!!20周年で新曲を発表して、お正月の特番にも一緒に出て最高の気分だったのにコレよ。

本当はSmash!!20周年をもっと盛大にお祝いするイベントとかあったのかもしれない。コンサートで披露する予定もあったかもしれない。

情勢が悲しいわ。

タイトルとURLをコピーしました