オフトナイズ式「逃げの移住」完全ガイドはこちらから!

山口弁のイントネーションを視覚化してみた

intonaiton01 移住
スポンサーリンク

山口弁についての資料は割とたくさんあるけども、イントネーションについてはあまり書いてないんだよね。それもそのはず。文字で音の抑揚を伝えるのは難しいから。

今回はその山口弁のイントネーションを強引に視覚化してみたよ。

山口弁のイントネーションはどちらかと言えばクセが少ない

関西圏の方言にくらべたら、よっぽど標準語に近いんじゃないかと思う。

まぁお隣の広島や九州もそうだけど、方言さえ封印したら割と標準語に近づけるぐらいのイントネーションじゃないかね。

「方言」が少ないわけじゃないよ!方言自体はそこそこ多いけど、イントネーション的には関西圏ほどクセはない、という意味ね。

一番「山口感」が出やすいのは数字のイントネーション

1000以下の数字はそんなにクセはないんだけどね。標準語より抑揚の幅が広いだけで、メロディは一緒。

メロディともどもクセが出るのは1000以上の数字から。よーし頑張るぞー!

1000単位の数え方

1000は「せん」と言いますが、お金絡みの時とかは「いっせん」と言うこともあるよね。

その感じで1000から9000までを山口弁で言うと、イントネーションはこんな感じになるよ。

 標準語で同じイントネーションの単語
1000(いっせん)日清
2000(にせん)ニシン(魚)
3000(さんぜん)妊娠
4000(よんせん)香港
5000(ごせん)小判
6000(ろくせん)松潤
7000(ななせん)松潤
8000(はっせん)日清
9000(きゅうせん)デーモン

どうよ!

標準語圏の方、「日清、ニシン、妊娠、香港、小判、松潤、松潤、日清、デーモン」と言うのと同じイントネーションで「いっせん、にせん…」って言ってみそ。

これであなたも立派な山口弁スピーカー。

キリの悪い数字のイントネーションはどうなるのか

googleショッピングで適当に「山口」で検索して見つかった車エビを例に説明するよ。

intonation02

このエビの値段を山口弁で言うと、

intonation03

です。

ちなみに、標準語では

intonation04

じゃないかね?わかりづらい?

百聞は一見に如かずの逆を行け

山口弁のイントネーションが気になってきた方は、ぜひ現地に聞きに来てね。

頑張って視覚化してみたけど、コレ絶対現地でネイティブのイントネーションを聞いた方が早い。笑

山口全域で大差ないとは思うけど、もしかしたら他の地域では若干違うかもしれない。少なくとも東部(の主に上の世代)はこんな感じ。

ちなみに、これまで福岡、広島ではこの数字のイントネーションのクセを聞いたことがないので、マジで山口限定のイントネーションなんじゃなかろうかと思う。

おしまい

何が何だか全くわからなかった山口弁についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました