オフトナイズ式「逃げの移住」完全ガイド

移住先選び!山口県東部なら4つのリスクが減らせるヨ!

less things as the featured image移住
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

山口東部への移住をおすすめするにあたって、「こんなものがある」というよりも「こういう不安なことはないぞ」と力説するのも新しい切り口かな、と思ったので、「ないない尽くし」なりにプレゼンしてみるよ!

1. 地震が少ない

これが一番重要と考えてる人は割と多いんじゃないかな。

私が生まれてから記憶に残る大きな地震と言えば東日本大震災、阪神淡路大震災、中越地震、熊本地震など。とにかく日本は地震大国。特に東日本大震災ではほぼ日本全国が揺れ、山口県でも下関などは揺れたらしいね。
また、山口東部の近隣である愛媛県松山市や大分県別府市なども揺れたらしいけど、なんと山口東部だけは震度計に記録されるほどの揺れはナシ!(気象庁参照)

そもそも山口に移住するまでは、地震って震度3ぐらいまでなら割と日常的に起こってるのが普通って感覚だったけど、気象庁のデータベースで調べたところ、山口東部の私が住んでいるエリアでは過去20年で地震総数85回、そのうち震度3以上は4回だけ。
ちなみに千葉県の私が以前に住んでいたエリアでは、過去20年で震度3以上は54回。(地震総数は「上限を超えました」と表示されてしまい正確な数字はわからず…!)

2. 水害が少ない

この地方のメインの災害といえば台風で、実際に山口県では数年おきに大きな水害が発生。
最近だと、台風による水害で流されてしまったSLやまぐち号の線路とかが記憶に新しいかな。

まぁ山口県全体としては台風の直撃、被害の発生は他県に比べて多い方だとは思うけど、その大半が山口西部、北部で発生してるんだよね。
東部はたとえ天気予報が「山口東部に台風が直撃する」と予想しても、なんやかんやで逸れて行くことがすごく多い。
ここ数十年で唯一の甚大な被害を被った台風といえば、1991年の台風19号。
なぜか東部の人間は台風と言えば19号、あれはすごかった、それ以外の台風は基本的に大したことはない、みたいな感覚らしい。

※とか書いた矢先の2018年、約30年振りぐらいに東部が水害に見舞われました泣
被害の様子はこちらから↓

3. 雪が少ない

中国地方は山が多く、山口県もたぶん8割ぐらいは山。
山陰側や内陸側はそもそも雪が多いので、萩方面や山口市北部や美祢市、岩国市錦町方面などは、毎年割としっかり積雪。正直、山道とかめっちゃこわい。

と言いつつ、実は山口県の大多数の都市は海側に位置していて、基本的に北部と山口市、美祢市以外の都市部では滅多に積雪することはないけど、その中でも瀬戸内海側の東部はほぼ雪が降らない。都市部で積雪するほどの日でも東部は雪が舞う程度で済んじゃうことが多い。

2018年も強い寒波の影響で、珍しく下関や宇部などの比較的温暖な地域でも何度か積雪があったのに、東部の都市部はほとんど積雪ナシ。
西部よりはるかに気温は低いことはあったけど本当にそれだけ。
普段の生活は雪で苦労することもなく、ウィンタースポーツをしたい時はちょっと車で走ればスキー場。便利便利。

4. 人が少ない

これがいいことなのか悪いことなのかは人によるだろうけど、少なくとも私にとってはいいこと。
とにかく混まないのよ。電車もスーパーも。車で運転してても渋滞なんかほとんどない。

正直言って、これに慣れちゃうと都会出た時の混雑ストレス半端ない。県内の大きな都市ですら「混んでる!」って思っちゃうぐらい。

一番うれしいのは予約が必要なものでも全然苦労しないこと。
美容室とか歯医者さんとか予約取るだけでも大変、という用事あるっしょ?今でもつい「一番早い日付だといつ頃が空いてますか?」と聞いちゃうんだけど、「明日でも大丈夫ですよ~」ってよく言われる。
こっちの都合に合わせて予約が取れるのはうれしいネ!

そうそう、限定品などの店舗の在庫に限りがあるものも比較的手に入りやすいんじゃないかな。なんせ奪い合う敵が少ないので。

いいな、と思ったら山口においでませ!

どうよ!正直言って住むのにはかなり快適よマジで(自画自賛)
他の地方でこの4つが揃っているところはあんまりないっしょ。
移住のほかにも企業の移転や出店にもかなりおすすめなので、ぜひとも山口県を本拠地に!

おしまい

移住者を増やす方法についても考えてみたヨ

タイトルとURLをコピーしました