「McDonald’s (マクドナルド)」の「Mc」の意味って知ってた?

mc01

突然ですが、「McDonald’s(マクドナルド)」の綴りに疑問を持ったことはありませんか?

「D」が大文字、意味的には「マクドナルドの(店)」ということで、「Mc」+「Donald」+「’s」という綴りなんだな、ということはお察し頂けるかと思います。

じゃあ「Mc」ってなんだ?

また、マクドナルド以外にも、「Mc~」のシリーズありますよね。セキュリティソフトの「McAfee(マカフィー)」や、F1チームの「McLaren(マクラーレン)」など。

この「Mc~」のシリーズ、実は全て苗字です。それぞれの創始者はMac McDonaldとDick J. McDonald、John McAfee、Bruce McLaren。

今回は、なんで「Mc」で始まる苗字がたくさんあるのか、「Mc」の意味はなんなのかをご紹介します。

彼らのルーツはアイルランド

まずアイルランドの説明をしましょうかね。

mc02

アイルランドを超短く説明すると

イギリスのお隣に位置するアイルランド共和国は、かなり昔からイギリスとの領土問題があり、今でも北アイルランドの帰属(現在はイギリス連邦構成国)を巡って対立が続いています。

そんな難しい歴史を抱えるアイリッシュ(アイルランド人)は、たびたび移住せざるを得ない状況に追い込まれていた為、アメリカをはじめ、イギリスや他のヨーロッパの国などにたくさんのアイルランド系移民が誕生しました。

100年単位の時を経てその移民の子孫が増え、今では英語圏を筆頭に、世界中でアイルランドにルーツを持つ人が活躍しています。

「Mc」が頭につく苗字の人は、十中八九アイルランドルーツ

世界中に移り住んでいったアイリッシュの中には、先頭に「Mc」がついてる苗字を持つ人がたくさんいたので、今では世界的に一般的な苗字となりました。

ちなみに、苗字の前に何かがつくのは、スコットランド出身の方にもよく見られますが、それも突き詰めるとルーツはゲール語(アイルランド語)のようなので、やっぱり彼らも分類的にはアイルランド系統だそうです。

アイルランドで「Mc」がつく苗字の意味は

苗字の由来って、住んでいる立地や職業などいろいろありますよね。

日本では、田んぼの真ん中(立地)に住んでるから田中さん、荘園を管理してる(職業)から荘司さん、みたいな。

アイルランドには、「〇〇さんの息子」「〇〇さんの娘」「〇〇さんの嫁」という由来を持つ苗字があり、「Mc」は「息子」という意味で苗字の先頭につけられるんですよ。

だから、「McDonald」は「Donaldの息子」という意味の苗字なのです。

ちょっと話が逸れますが、海外では父親と全く同じ名前を息子につけることがよくあるんですよね。

英語圏の場合だと、息子の方は名前の最後に「Jr.」がつけられ、父親の方は名前の最後に「Senior」を付けて呼ばれるようになります。

例えば、俳優のRobert Downey, Jr.はお父さんもRobert Downeyなので、「お父さんの方」ということを明確に言いたい時は、「Robert Downey Senior」と呼ぶんですよ。

この「Jr.」のアイルランド版が「Mc」というわけです。

ちなみに、ロシア語圏でも父親と同じ名前を息子につける習慣があります。
ロシア語圏の名前は、下の名前・父称(父親の名前+vich)・苗字の順で構成され、プーチン大統領の場合、フルネームは「Vladimir Vladimirovich Putin」なので、お父さんも「Vladimir」であることがわかります。

他にも種類がある

なんせ苗字に付け加えられることで始まったシステムなので、「Mc~」は「Jr.」と違って今となっては「子孫」のような意味になってしまっているようです。「Mc~」の苗字を持つ人の子供も普通に「Mc~」という苗字を名乗ってしまってるのでそんなことになったんでしょうね。

ところが、「Mc」と別に、そもそも「子孫」という意味で苗字の前につけるやつもあるんですよ。「O’~」のシリーズなんですけども。俳優の「Kevin J. O’Connor(ケヴィン J オコナー)」がこのタイプです。

Connorの子孫」という意味を持つ苗字で、彼もやっぱりアイルランド系アメリカ人。

北欧にも同じシリーズがある

Anderson」や「Nilsson」のように「〇〇son」のシリーズも「〇〇の息子」という意味を持つ苗字です。「son」って言っちゃってるのでそのままですね。

特にアイスランドは「〇〇son」という苗字が今でも大変多いようです。サッカーとか見てて「選手が〇〇ソンばっかりやな!」と思った方も多いんじゃないでしょうか。

また、デンマークでは「son」の発音がだんだん弱化して「sen」になりました。

ピンと来ましたか?そう、デンマークが生んだ”北欧の至宝”「Mads Mikkelsen(マッツ ミケルセン)」も「Mikkel(デンマーク版Michael)の息子」という苗字を持つデンマーク人なんですよ。

さらにマッツ絡みでもう一人、マッツと007 Casino Royaleで共演したデンマーク人俳優「Jesper Christensen(イェスパー クリステンセン)」も「Christenの息子」。

実は大変ややこしいアイルランド姓

そもそも、アイルランドはアイルランド語をメインに使ってたんですよ。複雑な歴史のおかげで今でこそ英語をメインで使ってるものの。

ちょっと難しい話ですが、アイルランド語は言語系統的には「ケルト語派」なので、「ゲルマン語派」の英語とはかなり系統の違う言語です。

その影響もあって、苗字の綴りや読み方などのルールが独特で、先ほどの「O’~」のシリーズの苗字は、実は男性用の「子孫」の言い方

また、その立場が息子なのか子孫なのか、また、女性の場合は妻なのか娘なのかで、先頭につくフレーズが「Mc」だったり「O’」だったり「Ua」だったり「」だったり「」だったり、元の苗字が母音で始まってたら「O’h~」にしなきゃいけない等、いろいろ細かいルールがあるようです。

ここでさらにややこしいアイルランド系移民。

アイルランド系アメリカ人を例に説明すると、彼らの苗字はアイリッシュスタイルだけど、文化はアメリカンスタイルなので、もしアイルランド系アメリカ人男性の「O’Neill」さんと結婚した女性がいた場合、その女性は「Mrs. O’Neill」でOKなんですよね。

たぶん本来のアイリッシュルールだと「UíNeill」になるパターンだと思うんですが…。ちょっと複雑すぎてよくわからん。

まとめ

なんか複雑すぎてグダグダになってしまいましたが、もしアレだったらカタカナで覚えている有名外国人のお名前の正式な綴り調べてみて下さい。

「Mc」や「O’」がついた人、結構いるんですよ。

サッと思いついただけでも、ダグラス マッカーサー、ユアン マクレガー、ジャック オコンネル、ジェームズ マカヴォイなどなど。

世の中アイリッシュ姓の人たちが大活躍ですね。

おしまい