田舎で病気になったらどうする?地方の病院問題

hospital01

ちょいちょい地方の医者不足が話題になりますね。

今回は、千葉県から山口県に移住して体感した田舎の病院事情をご紹介したいと思います。

前提条件:我が家の立地

山口県の中でも田舎の地域です。

が、たぶん都会の人が想像するほどの田舎(限界集落)ではありません。

隣の家まで100mということもないし、車で5分圏内にスーパーマーケット、ガソリンスタンド、コンビニ、ファミレスなどはあります。

俗に言う「町医者」はそこそこいる

自宅から半径10km程度が通常の行動範囲として、開業医はそこそこいます。

他の地域と同じように、おそらく一番多いのが歯医者さんで、次いで外科・内科ですかね。

眼科は1件ぐらいあったと思うけど、耳鼻科は車で30分ぐらい走っても無いかもしれない…

総合病院・大学病院は、というと…

隣町まで行かないとありません(!)

そもそも、山口県東部には大学病院が無いんですよ。

割と最低限の診療科目しかない総合病院がいくつかあるだけです。

また、漢方診療科や感染症内科のように、専門的でレアな診療科目も山口県東部にはありません。

たぶん東部のどこに住んでても、総合病院に行く場合は選択肢が2つぐらいしかないと思います。あとは遠すぎて通える範囲じゃなくなりますね。

山口県東部民は大病した時どうするのか

かかりつけの医者に、山口大学病院か広島大学病院の2択で紹介状を書いてもらうのが一般的だと思います。(かかりつけ→総合病院→大学病院へ紹介のパターンもある)

その紹介状を書いてくれる先生のご出身にもよるけど、基本的には患者にどっちが行きやすいか聞いて、行きやすい方へ紹介状を書いてくれるんじゃないでしょうか。

筆者が医者にかかった時は、かかりつけの医者が広大出身の先生だったので、広大への紹介状を書いてもらいましたが、一応その時に「山大の方がいいですか?」って聞かれたので、基本的には患者の都合に合わせて下さるんだと思います。

ちなみに、この時は親知らず(完全に埋まってて要口腔手術)を抜くのに広大まで行きました。

山口県東部民にとっての山大 vs 広大

大学病院ともなると大ごとのように書いてますが、実際大ごとなんですよ。

なぜなら、山大と広大のほぼ中間に位置するのが山口県東部の柳井市で、柳井市から山大も広大も約100km離れてるからです。

このように、東部民は山大、広大のどちらに行くにせよ、100km前後の距離を移動しなきゃ行けないんですよ。

hospital02

100kmっつったら東京から御殿場とか、神戸から淡路島渡って徳島に上陸するのと同じぐらいの距離ですよ。遠すぎるわ!

通院がほぼ不可能なんですよねここまでくると。月一で通ってたとしても病院代と交通費でいくら飛ぶんだって話。

そんなわけで、山大もしくは広大行きになる場合は、ガッツリ入院が必要か、1日の日帰りで完了する治療、検査のみがほとんどです。

冗談抜きで病院行くだけで「1日仕事」ですからねコレ。大学病院なので待ち時間長いし。

ちなみに、山口県西部民はというと

山大は宇部市にあるので、西部民は基本的にお膝元に住んでる状態なんですよね。

そして、宇部と言えば、全国区の企業である「宇部興産」が作った「宇部興産中央病院(現在は医療法人化済)」。

「禁煙外来」や「てんかん外来」などレアな診療科目も設置されている、それはそれは立派な病院です。

さらに、県下最大規模の市である下関市にも、もちろん「下関総合病院」という立派な総合病院があります。「緩和ケア内科」という馴染みのない診療科目まである大きな病院です。

何が言いたいかというと、西部民は、病院に関してはどうとでもなる

こんだけの大きな病院が3つもありゃ充分でしょ。これ以外に中規模の総合病院もあるし。

まとめ

もし地方への移住を検討なさってる場合、病院の有無は先に確認しておいた方がいいですよ!

定期的に検査が必要な持病、特定疾患をお持ちの方は特に注意が必要です。

また、今のうちは元気でも人間何があるかわからないので、どこに大きな病院があるのかは調べておきましょう。

いろいろ脅すようなことは書きましたが、「風邪ひいた」とか、「花粉症がつらい」ぐらいのことなら、田舎で暮らしても全然問題ないですよ!

大きな病院が少ないだけで、開業医は結構ありますからね!

おしまい