英語を学び直すならPhonicsから始めよう!

phonics01

大人になってから再び英語を勉強してみようかな、と思った方へ。

学生の時みたいな時間の余裕はないし、モチベーションや集中力を保つのも大変なので、大人でも出来る効率のいいやり方で勉強しましょう。

今回は、oftniseおすすめ「英語学習のスタートダッシュ方法」のお話。

筆者は独学派なので、独学することが前提の話になっています。

日本人は言語を学ぶ際、まず字を学ぶ

この発想を一旦忘れましょう。

母語である日本語はそもそも文字の種類が多い言語なので、まずは字を学びますよね。

みなさんも幼稚園ぐらいからひらがな、カタカナを覚え始めて、学校に上がってから毎年たくさんの漢字を覚えていったと思います。

だから、学校で英語を学び始めた時も、授業では「文字(や綴り)を覚えること」を優先して勉強させられたんじゃないでしょうか。

日本人の習慣的に、「文字を覚える」作業は、もはやわざわざ時間をかけてやる作業ではないんじゃないかと思います。

例えば、世間では学校で習っていない漢字もたくさん使われているけど、あちこちで見かけるから自然と覚えていることが多いですよね。

こういう生活が当たり前の日本人にとって、漢字よりはるかに画数の少ないアルファベット27文字を覚えることなんて朝飯前なんですよ。

綴りを覚える作業はどうなんだ、というと、後述のことを最初にしっかり学べば、ほぼカバー出来るので同じく必要ないと思います。

英語学習のとっかかり順序は 発音>文法>聞き取り>書き取り

ここで言う「発音」とは、英語における「発音の基礎」、つまり、英語を発音する上で使われる「音の種類を知る」ということです。

アルファベット27文字中、母音は5文字、子音は22文字、ということはみなさんスッと思い浮かぶと思います。

そうじゃなくて、発音上、単母音は12種類、二重母音が7種類、子音が24種類、というようなことを学びましょう。

正しい発音がわかれば、それを聞き取ることも簡単になり(俗に言う「英語耳」ですね)、正しく聞き取ることが出来れば、それを文字にすることも簡単になります。

ここをしっかり勉強しておけば、その後の英語力と勉強効率に大きな差が出ますよ

とにかくまずは「Phonics」をマスターしよう

初めて学校で英語の授業が始まった時、「Phonics(フォニックス)」って習いましたか?筆者は大人になって英語を勉強し直すまで存在すら知りませんでした。

なんでこれを学校で教えなかったのか今でも疑問です。最近の子は習ってるんですかね?

まぁそれはいいとして、この「Phonics」が上記で説明した「英語で使われている発音の種類」をまとめたもので、「発音の基礎の基礎」です。

Phonicsはどうやって勉強すれば…?

「発音」の勉強なので、音の素材が無いと始まらないんですよね。

でも、YouTubeのPhonics動画だと自分のペース進められないし、部分的に繰り返したりとかがめんどくさい。

そこでおすすめなのがBritish councilの「Phonemic chart」という無料プログラムです。

本記事でご紹介するのはイギリス英語の発音です

Phonemic Chartのダウンロード方法

サイトの下の方にダウンロードリンクがあります。

phonics02

Downloadsには2つのリンクがあり、上がswfファイルで、下がzipファイル(中身はexe)です。

最近はデフォルトでFlashが再生出来ないブラウザも多いと思うので、PCをご使用なのであれば、下のリンクからzipファイルを落とす方をおすすめします

保存した「TEPhonemic.zip」を解凍すると、「TEphonemic_GreyBlue21.exe」が出てきます。(解凍だけで使用可能)

それを起動したのがこちら

phonics03

これらの文字は「発音記号」です。

発音記号の塊ごとについているラベルの「vowels」は母音、「diphthongs」は二重母音、「consonants」は子音という意味です。

このプログラムで(単)母音、二重母音、子音の発音を学ぶことが出来ます。

アルファベットのことは一旦忘れて頂いて、とにかくこれが英語で使う音の全種類です。

発音記号はPhonicsを学んでいるうちに自動的に覚えると思いますので、最初からわざわざ「暗記するぞ!」って心構えでいる必要はありません。

Phonemic Chartを使った学習方法

各発音記号をクリックすると、ネイティブの発音が聞けます。

基本的には

  1. 発音記号をクリック
  2. 全く同じ音が出せるまでモノマネする

以上です。

聞きたい発音の発音記号にカーソルを載せると、画像のように緑に反転し、文字サイズがちょっと大きくなります。

phonics04

この状態でクリックすると一瞬赤に反転し、その発音記号の発音が聞けます。(画像は「eɪ」)

発音記号によっては、クリックした瞬間、右隣に一瞬ちらっと「ə」が出てきますが、それはその発音記号単体で発音することが出来ないので、一番影響なさそうな母音を付けて発音しましたよ、という意味で出てくるものです。母音の有無にかなりシビアなことがわかりますね。

また、各発音記号の右上に▽があり、その上にカーソルを載せると、その発音記号が使われている単語の例が3つ表示されます。

その3つの例も、各々クリックすることで発音を聞くことが出来ます。

phonics05

画像は「θ」の例を表示したところです。赤文字の部分がその発音の部分ですね。

使い方と学習方法は以上。

まぁとりあえず実際にやってみて下さい。最初は意外とムズイのよ。

とにかく「自分はモノマネ芸人だ!」というつもりでひたすら繰り返し、モノマネのクオリティを上げてって下さい

モノマネ時の注意:英語は音の長さを区別しない

「角(かど)」と「カード」、えらい違いですよね。

発音的には「kado」と「kaado」です。

日本語は音の長さを区別するので、この場合「か」を長めに発音したら「角」という意味ではなくなってしまいます。

日本語の話としては改めて説明するまでもないですよね。

ところが、英語には音の長さによる区別が無いんです。無いんですが、発音を勉強するのにカタカナを使ってしまうと混同しやすいんですよね。

「ɪ」と「iː」、「ʊ」と「uː」など、一部の発音の違いは音の長さだけのように聞こえるかもしれませんが、そうじゃないんです。

カタカナで書くと「イ」と「イー」、「ウ」と「ウー」のように、本来の音の違いがわかりにくくなってしまうので、聞こえてきた音を頭の中で日本語に書き換えず、聞こえたままの音と同じ音を発音するようにしましょう。

ひたすらモノマネしてたら、それが聞き分けられて、自分で区別して発音出来るようになりますよ!

発音と綴りの規則性

Phonicsの本題はここから。

本来、Phonicsは発音と綴りの規則性をまとめた学習方法なので、上記で覚えた発音がどのような綴りに使われているかを併せて覚えることにより、初見の単語でもどのように発音するのか想像つくようになります。あぁすごい!

ただし、Phonicsの規則の例外にあたる単語がかなりあるので、実際にPhonicsで読めるようになる単語は全英単語の7割かそこらだと言われています。

それでもボキャブラリーの少ない英語初級者にはありがたいぐらいの単語が読めるようになりますよ。

規則性が、と言いつつその規則はかなり多いので、「フォニックス 綴り ルール」などで検索し、自分にとってわかりやすいサイトを各自見つけてもらった方がいいと思います。

oftniseおすすめはこちらですかね

『あいうえおフォニックス』は、幼児から大人まで楽しく英語のフォニックスが学べる無料の教材です。

かなり子供向けっぽいですが、シンプルで見やすいと思います。

まとめ

とにもかくにもPhonics!

しっかりマスター出来たら初見の単語も7割ぐらいの確率で正しく読める!

単語を書くときに「Lだっけ?Rだっけ?」みたいなことがなくなる!

単語の読み書きストレスが軽減すれば、英文を読むのも楽になる!

大人になって勉強を始めるなら効率重視でいきましょう。

Phonicsをマスターしたらこちらもどうぞ

英語を学びたい理由は何ですか? 今回は、仕事で英語を使う用事は一個もないんだけど、英語が理解出来るようになりたいなぁ、という人へ贈る「ダラダラ続ける学習Tips」のお話。