日本人にも学びやすい言語は中国語!

cn01

語学カテゴリでは散々イギリス英語の話ばっかり書いてきましたが、実は英語を勉強する前は中国語を勉強していました。

漢字を覚えるのさえ苦じゃなければ、日本人が一番学びやすい言語は中国語なんじゃないかと思います。何といっても日本語の文字のルーツを持つ言語ですからね!

今回は中国語を勉強するメリットと学習方法について書きたいと思います。

便宜上、日本人=日本語話者として書きます。

なぜ中国語は学びやすいのか

話者が多い

何といっても世界一話者の多い言語ですよ。その大半が中国にいるとはいえ。

話者が多ければ学ぶ人も多い、つまり教材も多いということです。

また、話者の絶対数が多いので、日本語学習人口も多く、言語交換をする相手が見つかりやすいということでもありますね。

文法が英語に近い

日本人は義務教育で英語を勉強しますよね。基本的な文法はかなり英語に近いので、簡単な文章であれば、いくつかの漢字を覚えるだけですぐ作れるようになります。

また、英語同様、複雑な格変化が存在しないのでありがたいですね。

既に意味が分かる文字がたくさんある

これは日本人ならではの有利な点ですね。

日本人は既にたくさんの漢字を覚えています。中国語は日本語のルーツですから、たくさんの漢字が日本語と同じ意味で使われています。

極論を言えば、たとえ読み方がわからなくても字が表す意味さえ知っていれば、ぼんやりした筆談でもそこそこ意味が通じるということですね。

例:「我」は中国語でどう読むかは知らなくても、とにかく「自分を指す意味の漢字」ということは知っていますよね。中国語でも同じく自分を指す意味の漢字として使われているので、こういう共通点がたくさんあると、日本人にもとっつきやすいですね。

中国語のややこしいところ

うまい話だけ書いてもアレなので、一応しんどい部分も書いておきます。

発音が複雑

中国語は明らかに「書くのが楽で話すのが大変な言語」だと思います。

日本語に対して多すぎる母音と、4つの声調をマスターするのはかなり難しいです。

声調とは、音の上げ下げとでも言いましょうか、雰囲気だけ説明するとこんな感じ。

第1声 高めの棒読みで「まー」と発音した場合 意味は「お母さん」
第2声 普通に「ま?」と発音した場合 意味は「麻」
第3声 低いところから「まぁ~あ?」と発音した場合 意味は「馬」
第4声 驚いた感じで「まぁ!」と発音した場合 意味は「叱る」

※3声はうまいこと説明出来ないので、Youtubeなどで「第3声」を検索して下さい。

とにかく同じ「ま」でも音の上げ下げで意味が変わるんですよ。これがやっかい。

日本の漢字と見た目が微妙に違う漢字がある

cn02

代表的なやつが「」。すぐ気づきましたかね?

赤丸の部分が日本と逆なんですよ。

こういうのがちょいちょいあるので、漢字をよく覚えてる人ほど罠にはまります。

日本の漢字と意味が微妙に違う漢字がある

cn03

日本語ではこの漢字は「走る」という意味ですよね。

中国語では「歩く」という意味です。動作自体は大体合ってるんだけど速さが違う。

そういうことです。

オフトナイズおすすめ!中国語の独学に使えるサイト

成蹊大学 マルチメディア中国語教材

ここはかなり素晴らしい!4部構成で一般人が使えないのは第4部だけです。

第3部までは一般人も利用可能で、コンテンツがとにかく充実。

音声素材もたくさんあって、文法もしっかり解説。ここでガッチリ勉強したらそこそこ基本的な文章は理解出来ますよ。

本当に何の知識もなく中国語を始める場合は、第3部の「発音編」から見てみるといいかもしれません。「中国語とは」という大前提の話から学ぶことが出来ますよ!

NHK テレビで中国語

NHK語学番組とは、はじめて外国語を勉強するみなさんと、基本表現を通じて基礎から会話までを学習するサイトです。テレビ、ラジオ番組と合わせてお楽しみください。

初心に返って、NHKのEテレで放送している語学番組です。これのいいところは年中放送していて毎年シリーズが更新されること。さすが中国に忖t

とりあえず簡単な文法や定型表現などが学べて、最近では声調を確認出来るアプリも登場しているようです。練習用の素材としてかなり優秀なんじゃないでしょうか。

放送大学 中国語I

ここは正直言って丸腰で行くのはキツイ。

上記2つで中国語ってこんな感じなんだなぁ~ってところまでやってみてから行った方がいいと思いますね。

放送大学なので大体のご家庭で視聴出来るはずなんですが、問題はテキストです。

割といいお値段するんですよね。

NHKの「テレビで中国語」は別にテキスト無しでもそんなに困らないんですが、こちらは「あるに越したことない」といった感じです。

中古で安く出てる場合もあるので、必要であればどうぞ。

 まとめ

半年ほど上記3つのコンテンツでぼやぼや勉強してただけで、中国語検定4級があっさり受かりました。たぶん3級がギリ受かるかどうかぐらいの感じだと思います。

4級のレベルは「中国語の基礎をマスター平易な中国語を聞き、話すことが出来る。大学の第2外国語における第1年度履修程度」だそうなので、旅行に行く程度なら半年もあればOK

仕事しながらだと難しいかもしれませんが、続けて2~3年しっかり勉強すれば、かなり複雑な文章も読めるようになると思いますよ。

筆者は簡単な文章が読めるようになりたかっただけなので、基本的な文法と単語を勉強した後は、わからない単語や表現を検索しまくってざっくりと読むスタイルになっていますが…

最後に、「中国語勉強してよかったなぁ~」と実感した瞬間は、英語に対応してない中国の通販サイトでも買い物が出来た時機械の不具合の直し方が読めた時ですね!

勉強して損はないですよ!