自律神経にまつわる症状を出来るだけ細かく書く [頭痛、肩こり・急な温度変化に弱い]

dys6_00

自律神経にまつわる症状って、「倦怠感」とか「しびれ」とか一言で言われても、どこがどうなった状態なのかよくわからなくないですか?

身をもって体験した筆者が出来るだけ詳しく症状を説明したいと思います。

今回は「頭痛、肩こり」と「急な温度変化に弱い」について。

自律神経特有の頭痛

頭痛って言っても、いろんなことが原因で発生しますよね。

その中でも、特に自律神経に関連した頭痛といわれているのが「目の奥が痛くなるタイプの頭痛」です。

dys6_01

わかりますかね?

瞼の骨の裏ぐらいが痛いのよ。「痛」って書いてる部分を指でグーっと押すと気持ちいい。

これが悪化すると頭の上半分がのぼせたような感じになって、目を無理やり押し込まれてるような痛みになってきます。

この頭痛が始まるともう一晩寝ようが治らないのに、今までの経験上、頭痛薬を飲めば95%ぐらいの確率で治ってます。なんなんだ。

ちなみに、小学生ぐらいの頃はものすごい頭痛持ちでした。

頻度で言うと、2日に1回ぐらいで、季節の変わり目は1週間のうち6日ぐらい痛かったです。

頭が割れるほど痛くて、吐きながら文字通り七転八倒したことも数回あります。

中学入ったぐらいで吐くほどの頭痛はなくなりましたが、やっぱり季節の変わり目は頭が痛くなりやすかったですね。

自律神経失調症と診断される前の話なので、関係あるのかどうかわからんけど…

肩こりについて

日本人の大半が肩こりだそうなので、もはやどれだけの分が自律神経にまつわる肩こりなのか、正直わかりません。

が、自律神経失調症と診断された方に聞いてみたい。いつから肩こり始まりましたか?

筆者は9歳の頃からです。

なぜはっきり覚えているかというと、9歳の時に肩が痛すぎて首を回すことが出来なくなり、病院に行ったら「肩こりです」と診断されたからです。

当時、親には「あんたまだ子供なのにねぇ(笑)」と言われて終わりました。

まぁそうでしょうね。肩こり治りました!って例は聞いたことないので、真剣に治療方法を探そう、みたいな考えにはならなかったんだろうと思います。

とにかく、それ以来肩こりじゃなかった日はありません

肩こりを通り越すとこうなる

中学上がったぐらいですかね、いよいよ「肩、痛くない」と思うようになりました。

実際に肩を触るとカッチカチに凝ってるんですよ。凝ってるんだけど、痛みを感じない。痛みを感じないから苦痛じゃなくなった。なんかサイボーグみたいな言い草だな。

これを書いてる今もゴリゴリに肩凝ってるけど、痛くはないです。

肩こりを良くするためには肩の運動とか血行をよくしろとか言うので、あれこれ試したことはあるんですよ。

全く変わらなかった

一時的に良くなった、とかですらないのよ。本当に全く変わらないの

もっと言うと、子供の頃、体操習ってたのよ。器械体操。逆立ちとか側転とか肩めっちゃ運動してはずたのに肩凝りが始まった。どういうことよ?

正直言って、当時からもう自律神経のせいにしてよかったんじゃないか、ってぐらい他の要因が見当たらなかった。ので、これはもう自律神経のせいにしました。

実はまだ試してないことが一つだけ…

プロのリラクゼーション屋さんには、まだ行ったことないんですよ。

なんか1時間ぐらい頑張ってもらって全く変わらなかったら、なんかお互いショックだろうなぁと思って…

まぁ今後もし試す機会があれば、続報を載せますね。

急な温度変化に弱い、とはどういうことなのか

よく夏場になると「エアコン病」とか聞きますよね。

エアコンが効いた部屋にいると体温調節がうまくいかなくなっちゃって…って話。

それが一年中続いてる状態です。

夏の場合

例えば、暑い夏の日に、車で近所のスーパーに行って帰ってくるとしよう。

家→外→車内→外→スーパー→外→車内→外→家、というように少なくとも5回以上は温度の違うところに移動してるわけですよ。

さらに、この状況でそれぞれの滞在時間をミスると、一発で自律神経由来の頭痛が起きます

夏場のめっちゃ暑い車内から外に出たところで、暑いことは暑いですよね。ここまではまだ大丈夫。で、スーパー入ったら最初は涼しいと思うんですよ。でも長居すると寒い。その後外に出たら数分は暖かいと感じるけど、またすぐ暑くなる。これを繰り返すとキツイ。

人間は気温差が5度変わると自律神経に負担がかかるらしいんですよ。ただでさえ負担がかかってるところ、やっと体がその部屋の気温に馴染んだところでまたすぐに気温差5度以上あるところに移動すると、負担が半端ないわけです。

百歩譲ってどうにか上記の温度差を5度以内に抑えたとしよう。でも、人力で変更出来ない外気温を基準にせざるを得ない時点で、結局は非現実的な話になってしまいます。

外が36度とか37度とか言ってる時に、エアコン使って5度以内の温度差にしたところで、その部屋は30度以上ありますからね。スーパーとかやっていけない温度。

とはいえ、熱中症にならないようにエアコンで適切な温度にした場所から、1歩も出ずに夏を乗り切るのは無理。それが可能なのは「入院」ぐらいじゃないかな。

要するに、自律神経に負担をかけずに夏を過ごすのは無理

冬の場合

自律神経にまつわる症状って、「倦怠感」とか「しびれ」とか一言で言われても、どこがどうなった状態なのかよくわからなくないですか? 身をもって体験した筆者が出来るだけ詳しく症状を説明したいと思います。 今回は「1か月...

以前、「寒気」についての記事でも書いたんですが、冬場は寒気が発動するので、どんだけ暖かくしても「寒い」と誤認識するのがやっかいです。

「どんだけ暖かくしても」がまたクセ者でして、体が芯から冷えてる状態で、半袖でも過ごせるぐらい暖められた部屋に入ったとしよう。

すると、顔だけのぼせたり、無駄に血の気が引いたりするんですよ。でも手足は冷たいままだし、芯は冷えてるのでやっぱり「寒い」と感じる。もうここまで来ると体温調節機能のポンコツ具合に悲しくなってくる。

冬はとにかく頭寒足熱を徹底しないと、すぐのぼせたり頭が痛くなったりします。

だから、こたつ大好き。冬場はエアコンやストーブをつけると具合悪くなりやすいけど、「おこた」に入ってれば他の暖房器具はつけなくても快適に過ごせる。もう「おこた」無しでは生きていけない。(愛するこたつに渾身の告白)

どうすれば一番負担がかからないのか

出来るだけ(重要)緩やかな温度変化にする。

これに尽きます。

もうね、夏と冬に負担がかかるのは避けられないんですよ。

だって普段は自律神経がしっかりしてる人すら気温差で体調崩すんだからね。

また、世の中のほとんどの外気温は自力で調節が出来ないもの。じゃあこっちが合わせるしかないじゃないの。

ということで、必須アイテムは「脱ぎ着しやすい服装」です。

いくら暑くても急に冷え切った部屋に入らない、いくら寒くても直接ストーブにあたりにいかない。どうしてもその状況が避けられない場合は、必ず服装で調整するようにする。

たとえ、37度の日でも長袖のシャツ1枚は持っておく、-5度の日でも暑くなったらすぐ脱げる服装にしておくことが重要。

自分で調節出来ない外気温に加えて、自分の体温調節も自力で出来なくなることがあるからね。みんな暑がってる中、一人だけ寒がったり、みんな寒がってる中、一人だけ暑がることが多々あるわけですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は自律神経が弱くなくても起こりがちな症状についての解説でした。

前にも言いましたが、自律神経失調症は「最弱の虚弱体質」です。

自律神経がしっかりしてる人でもバランスを崩すような環境下では、最弱の虚弱体質が真っ先にバランスを崩すんです。

周りに不思議な顔をされても、自分の体温調節を積極的にサポートしてあげて下さい。

その習慣で減らせる症状もありますからね!

自律神経にまつわる他の症状はこちら

自律神経ってなんなんでしょうね? 謎の体調不良であれこれ調べた結果、自律神経の可能性にたどり着いた、という方も多いんじゃないでしょうか。 でも、自律神経関連の症状って多岐に渡りすぎてわけわからないですよね。最終的...